« 大木になった「ちいさい秋」 | トップページ | 9人制 »

暮れの曲

6522_2 11月30日 シビックホール
ロビーに前日のリハーサル写真が並ぶ
東京フィル
指揮 小林研一郎

例年12月に多いコンサート(第九 合唱)が今年は11月。
浅草の、酉の市や羽子板市もある11月、月日はいっそう早い。(;д;)

 

|

« 大木になった「ちいさい秋」 | トップページ | 9人制 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

高尾山さん、こんにちは。小春日和で残菊も
しばしゆったり。まとめ見で拝見、モミジの枝垂れはあまり見ないので嬉しいです。ドッヂビーも初めて知りました。60年くらい前にパンポンという球技?が自然発生、今も続いています。工場の昼休みに社員の工夫から始まったものとか。
 小さい秋と第九の取り合わせよかったですね、11月の第九が幸いして。昨年末のことを
あらためて思います。1人での外出が出来るようになりほっとできることでしょう。
「小さい秋」を歌ったり、聞いたりする時はこの写真を思い出すことでしょう。
 

投稿: 川乗山 | 2013年12月 2日 (月) 12時31分

川乗山さん、こんばんは。
昔はいろんなクリスマスソングで暮れを感じましたが、東京中いろんなところで合唱…、記事で見ます。
自宅では最近は失敗もなく普通に暮らせ、半日外出OKに。
食の方が、用意しても食べないで終わり、完全に昼食を置いて行くのは墓参くらいで、あとは早昼にしてます。

投稿: 高尾山 | 2013年12月 2日 (月) 21時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暮れの曲:

« 大木になった「ちいさい秋」 | トップページ | 9人制 »