« 寒風 | トップページ | 薄紙 »

転倒記録 2

夫の骨折入院での面会?は、昼に間に合うように行っていた。

2月17日、主治医の「…個室に移しました。…今夜から泊まって…」の思いがけない説明。

痴呆症ぎみの夫は看護婦困らせ行為も…、その朝はストレスで嘔吐も繰り返し、私が枕辺についてからも1回…。

看護婦は「奥さんが見えて表情が穏やかになった…」とのこと。

看護スタッフは患者に至れり尽くせりのH外科。

私の役は精神安定剤、これは入院治療の土台かなと納得。

いつまでの連泊?数日過ぎると心身がおかしくなってきそう、心中は悲鳴。

「患者の様子が落ち着いているのは、奥さんが泊まっているからです。週末で1回退院しましょう。酷かったらまた入院…、追い出すのではありません…分かってください」と、馴染みの主治医(院長)…。

22日(土)息子の退院応援でクリア、タクシーが着くと嫁さんと幼児が扉に来た。

その夜は、分からなくなるらしく、こちらは何回か事の始末に追われ、悲観するいとまなし。

馬の耳でもしょうがない、くどくど言い聞かせながら、がんばるぞ~。

|

« 寒風 | トップページ | 薄紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 怪我のストレス、環境の変化のストレスからのパニック状態なのかも…と想像します。ありがちなことのようです、自宅がいちばんですものね。家族も慣れない所で1日過ごすのは大変ですし、同じ大変なら家がいいです。姉も同じく自宅介護で通しました。
 様子を見ながら、折り合いを見つけながら
過ごされますように。介護保険もありますから共倒れにならぬように。SOSは遠慮なくく。

投稿: 川乗山 | 2013年2月24日 (日) 15時57分

川乗山さん、おはようございます。
シッパイありの昼だったわりに、2夜めの夫は熟睡…らくちんに。
昼寝避け効果かと。
落ち着いたら、散歩したいですが。

投稿: 高尾山 | 2013年2月25日 (月) 08時06分

気がかりでした。
大変なご様子、文面から伝わってきます。
お体に十分気をつけてください。

投稿: りとろ | 2013年2月25日 (月) 10時32分

病院でのお泊り 大変だったことでしょう。
お察しします。
おうちが一番。
何かするのもお手の物で
だって勝手知ったる我が家ですものね。
高尾山さんもリッラクスしてでも飲んで。
私は父を皮膚科受診に連れて行かねば
明日というか今日。

投稿: ダリママ | 2013年2月26日 (火) 01時45分

高尾山さん 大変ですね~
私も母の入院で 認知症の父を介護しましたから よ~く高尾山さんの気持ちがわかりますよ。
父の場合は足が達者でしたから あちこちに迎えにも行きました。
今でも あの大変だったことは 忘れられません。
頭ではわかっていても 行動が伴わないのです。
いろいろ大変なことがあるでしょうが 高尾山さんがストレスをためないようにして 欲しいと思います。
早く 散歩に出かけられるようになったらいいですね。

投稿: まあちゃん | 2013年2月26日 (火) 09時21分

 ≫りとろさん、ご心配ありがとうございます。
時折りのいい時あり、その凹凸でなんとかいきます。
  

 ≫ダリママさん、ご心配ありがとうございます。
自宅の慣れた(笑う)自由は、ほんとに気持ちが楽、たんたんといきます。


 ≫まあちゃん、ご心配ありがとうございます。
誰もが抱える心配事、みんないい、みんな悪いはないと言えますね。

投稿: 高尾山 | 2013年2月26日 (火) 12時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転倒記録 2:

« 寒風 | トップページ | 薄紙 »