« カルガモ赤ちゃん | トップページ | カルガモ赤ちゃん 2 »

ヤブカンゾウ

9128 7月8日 関口芭蕉庵
ヤブカンゾウ(八重)

同じころ、ノカンゾウ(一重)は椿山荘で見る。

『花おりおり』…ヤブカンゾウ
『万葉集』に歌われているが、名は萱草わすれなぐさ
この花を着物の紐につけておくと、嫌なことを忘れさせてくれるという。
花は単子葉植物では珍しい八重咲き。
一方、中国の萱草
かんぞうは花が一重。
つぼみは食用になり、その際は金針菜きんしんさいと呼ぶ。
乾燥させたものが輸入されているが、よくユリの花と誤認される。

|

« カルガモ赤ちゃん | トップページ | カルガモ赤ちゃん 2 »

草花」カテゴリの記事

コメント

高尾山さん こんにちは

暑くなりましたね
ヤブカンゾウ、ノカンゾウ、アガバンサスの
咲き乱れる頃ですね
有意義にブログ散策楽しまれて居る様子が
伺えます。
カルガモの雛元気で皆成長すると良いですね
全部が生長するのは難しいようですが
成長を見守りましょう

投稿: maho | 2012年7月11日 (水) 11時09分

mahoさん、おはようございます。
カンゾウ類では、ニッコウキスゲの黄色い原が浮かびます。
1日花とは思えない蕾の数、不思議なほどです。

mahoさん、お上手なのに写真教室参加の上野、こちらも平凡ながら日々の写真被写体発見をと。(笑)

投稿: 高尾山 | 2012年7月12日 (木) 08時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤブカンゾウ:

« カルガモ赤ちゃん | トップページ | カルガモ赤ちゃん 2 »