« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

スイカ割

地域の子どもまつり、野外パーティとスイカ割は真夏日の木蔭で楽しそう…。

9251 7月29日13:05 新大塚公園

 小道具は手ぬぐい竹刀しないの西瓜割

身近で見る初景色は子どもたち対象、めったに命中はないが、声掛け誘導で幾つか割れると、西瓜スペア大丈夫?と傍観者は心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開会式(ロンドンオリンピック)影響

オリンピック開会式TV中継、8時過ぎ(ロンドン)は日没の始まりで薄明るい。

日本時間土曜午前5時は、理想的中継時間になった。

当日は通院日(夫の付き添い)、連日の32~4℃予報に7:15ごろ出かける。

9222 7月28日 H外科病院(新宿区)

8:10着、待合室ロビーはまだ2人。

通常より10人も少ないとか(いつも早めの患者さん曰く)。

ロビーのTV(録画)に、けさ見た画面が出ていた。

開会式TV中継効果のおかげさま、真夏日の10時前帰宅はありがたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤トンボ 4

カルガモ親子のいる人工池に、いつも赤トンボがぐるぐる飛んでいる、止まらずに。

9216 7月26日10:07 教育の森公園
赤トンボ

池淵に止まってくれた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん 6

92097月24日9:14 教育の森公園
5羽になって5日目。

大きくなった! (7月7日生まれ)

  和ませて はや少年の 子鴨かな

25日 5羽
26日 5羽
27日 5羽 もう、減らないでしょう。(゚ー゚)

ラジオ日曜早朝(22日)の「鳥の鳴き声…」(日本野鳥の会 安西英明さん)
カルガモの巣立ちは当日。
鳴き声は鶏と同じピヨピヨ。
1ヶ月で成鳥。
鳴き声はアヒルと同じガーガー。
声変わり時期はまだ知らず、残念
…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風鈴(庭園遊歩道)

9203 7月22日 椿山荘

 低温や 風鈴ロードの しおしおと

3日ほど涼しすぎるほどの低温、つかの間の天然クーラーにせっせと神田川散歩…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミソハギ 2、なでしこ予選 2対1

 オリンピック予選(ラジオ実況)

7月26日1:00 なでしこ対カナダ 

 なでしこをわかんないまんま聞いていた
           ロスタイム三分長かった

           ……………………     

92067月22日 椿山荘

水辺のミソハギと井戸。
浅い流れの水辺に、何ヶ所かの小さなミソハギ群生が彩る。

2010,8,14投稿「ミソハギ」 http://kohinata4.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-6da9.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子スズメ?

9196 7月21日15:14 椿山荘

歩いてばかりのスズメ、「子スズメ…」の声、なるほどと思った。

 子スズメや あちこち散歩の 速い速い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい予報(22度)に、久しぶりの神田川散歩。

9199 7月21日 江戸川公園

繁茂している棚に、花(2ヶ所)が見えた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卓球大会

6月上旬の涼しさ、教育の森公園内の建物で散歩休憩。

9190 7月21日10:07 スポーツセンター

競技場(玄関ホールに見物席扉)で卓球大会

10分ばかり見物、短い打ち合いばかり。
新聞記事(国際試合規則変更?)にあった「ラリー期待」は当たり前と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん 5

教育の森公園の、非日常光景カルガモ赤ちゃん復活は、暑いさなかの清涼剤になっている。

7月15日 6羽 

7月16日 池に3羽(草むら3羽、と聞いた)

 赤ちゃんカモ日々一羽ずつ減っていく
          三羽で披露の潜水ごっこ

潜ると波紋が残る、を繰り返す、3羽で。
成長ぶりが、可愛い。

7月17日 6羽

9179 7月18日9:16

4日つづきの6羽、固まっていた。 

7月19日 6羽
減ってないか、数える…。

7月20日 5羽
大きくなった、羽でしぶきをあげての追いかけ泳ぎも。

7月21日 5羽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「真珠の耳飾りの少女」

7月18日 東京都美術館

都心も、最高温つづき。(翌19日、初猛暑日35.1度)

シルバーデー第3水曜(65歳以上フリー)は、人・人・人…だった。

 フェルメール並んで並んで少女観る
         馴染みのスターに出会った気分

高技術の写真、丁寧なTV解説等々で知っている絵…、昔の初パンダ見物そっくりの、歩きながら鑑賞はあっけなく、「来るまでもない」の後悔…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

蓮(不忍池)

9180 7月18日10:49 不忍池(上野)

 行き帰り 不忍池の 蓮見かな

上野公園(美術館)への往復は、バス停(湯島3丁目)からすぐの不忍池経由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トカゲ

「教育の森」隣地の丘陵公園は、最高気温日(館林39.2度)も木蔭の風が涼しい。

9176 7月17日9:09 窪町東公園

時折り見るトカゲはさっと消えるが、夫(リハビリ散歩)の指したのは少し大きめ、ゆっくり動きだった。

 そのトカゲ ちょっと緩慢 ちょっとメタボ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫の贈りもの

9159 7月12日
足利の友人(夫の)から、夏物野菜宅急便が来た。

優しさあふれる丹精野菜、ありがとうございます。
息子宅へも半分届ける…。(゚ー゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん 4

あきらめがたく、池に寄る。

子カモがいた!(12、13日はいなかった)

9163 7月14日9:10 教育の森公園

羽いた。

 子カモ二羽 負けじの競泳 速いこと

幼児から少年になった風格?素敵な兄弟競泳を演じてくれて…。
勝負なし、くたびれ、おわる。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん、消えた

池淵に親カモ1羽がかがんでいる、子カモはいない。

翌13日、親カモもいない…池はひっそり。(;д;)

9157 7月12日 教育の森公園

半円池に「注意」が何枚が下がっている。

カラスが怖い、猫も危ないの声も聞いていたが…、「注意」は人間向きだった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん 3

カルガモ赤ちゃん、その後の様子見の楽しみができた。

9153 7月11日9:20 教育の森公園

中1日置いて、8羽に減っていた。

木蔭のある、半円池淵の母カモを取り巻く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エノコログサ(ねこじゃらし)

雑草も、それぞれの旬は美しい…。

9150 7月10日 大通り歩道

 ねこじゃらし工事塀にて優雅ライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーティチョーク? 2

9149 7月9日 個人宅前

アーティチョーク(朝鮮あざみ)

固い蕾から開花まで長かった…。

同じお宅の鉢、多年草の巡りは楽しみ…。

010,7,7投稿「アーティチョーク?」http://kohinata4.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-b1b5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん 2

7月11日の残念ニュース…11日8:30、(生後数日の)パンダの赤ちゃん死亡…。

      ……………………    

前日の池と通路を挟んでの、一回り小さい池に移っていた。

91477月9日9:30 教育の森公園

子カモは10羽(1羽減る)。

この池は半円形で、半円側は草地。
子カモは草地への低い石垣段に上がったり、水面に下りたり、前日の泳ぎ池より嬉しそう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤブカンゾウ

9128 7月8日 関口芭蕉庵
ヤブカンゾウ(八重)

同じころ、ノカンゾウ(一重)は椿山荘で見る。

『花おりおり』…ヤブカンゾウ
『万葉集』に歌われているが、名は萱草わすれなぐさ
この花を着物の紐につけておくと、嫌なことを忘れさせてくれるという。
花は単子葉植物では珍しい八重咲き。
一方、中国の萱草
かんぞうは花が一重。
つぼみは食用になり、その際は金針菜きんしんさいと呼ぶ。
乾燥させたものが輸入されているが、よくユリの花と誤認される。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん

パンダの赤ちゃん誕生(7月5日)報道から2日後らしい、カルガモ赤ちゃん誕生…。

9127 7月8日10:20 教育の森公園

人口池にカルガモの赤ちゃん…11羽と母カモ。

と、母カモが消え、15分ほどして寄ると、親カモは2羽に、父カモでしょう。(゚ー゚)

聞いた話…前夕6時、通路向かいの半円池に親子がいたという、巣もそちらにあるとか。

誕生後どれくらいで初泳ぎ?

以前(後楽園)見た赤ちゃんカモより、ぐっと小さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサガオ

9108 7月8日5:32 雨 植物園外塀

 朝顔や雨中開花の清々し
     一斉スタートのランナーのよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジサイ剪定

7月4日、梅雨の晴れ間の暑くなった昼、日傘での神田川散歩。

折り返し点の新江戸川公園、景観が一変…してた。(ρ_;)

 梅雨晴れや庭園景色のあっけらかん
          紫陽花すべて剪定されおり

広い庭園内に紫陽花は多い。
盛りのもの、枯れ始めと、それぞれの紫陽花、梅雨半ばの剪定はもったいなかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の灯り

9104 7月2日 椿山荘

芝生の丘いっぱいに、竹かごぼんぼりが置かれ、夕べを待つ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長~い蛇

若い2人、男性が桜の木に長いレンズを向けている。

9106 7月2日14:49 桜並木(江戸川公園)

だった。

のろ~りのぼる、尾の先端が見えるのを待つ…長~い(2㍍近い)全身。

ゆっくりながら、みるみる変わる位置(太い枝へ)。

若いカップルに教わった小さな撮影会だった。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオスズメバチ

9095 6月30日12:50 新江戸川公園

大きな(4㌢ほど)蜂が来た。

アジサイにまとわりついて、おとなしげ…。

検索…オオスズメバチ写真に一致。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2階車両(馬車)

江戸東京博物館特別展「日本橋」に行ってきた。

平日昼の楽な館内は、短時間にゆっくり鑑賞…。

一番手前はガラスケース、そのトップは旅シリーズで、まず「早道はやみち」、財布だった。
旅具とはいえ粋な名。
実物もコイン入れのような小サイズで、帯にでも挟めるような皮革?(財布から伸びた同質)もついている。

三越と白木屋のマークが、江戸時代日本橋風景に主役でで~ん…。
老舗呉服屋さんの暖簾が輝いていた。

文明開化の到来シリーズでの、明治初期日本橋辺りの景。
左と右に馬車。
左は2階車両で、2階窓からも、下階窓からも複数の顔、緻密な絵。
ビックリしたのはその車両の
まだロンドンでも2階バスは走ってなかったと思う。

9086 6月29日 江戸東京博物館屋上(3階高さ)

スカイツリーは上の方のみ。

手前に丸い幌屋根が並ぶ(喫茶店)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シラホシハナノミ? 2

10日前に見た白点模様の虫が、いた!

9082_2 6月28日13:08 神田川遊歩道(椿山荘フェンス)

生け垣(ツバキ)フェンスを歩く、シラホシハナノミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の松ぼっくり

9073 6月28日 新江戸川公園

池淵にある小さな(1㍍ほど)松の先端、緑の初々しい松ぼっくり?が見えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クロアゲハ 3

9064 6月27日13:26 椿山荘冠木門前
クロアゲハ

水が好きらしい。
マンホール蓋の凹凸にご機嫌…。

 打ち水や舞っては下りるクロアゲハ
          マンホール蓋は円形舞台

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »