« 季節外れ | トップページ | イチョウ 2 »

中原純一展

中原純一展(弥生美術館)は、あったか~い昔少女懐古になった。

“「ひまわり展」~焼け跡に咲いた復興の花~”は、まさに70代後半女性の思い出展。

少女雑誌「ひまわり」は昭和22年から27年までとあり、たった5年余りだったことが意外なほど、10代少女たちに与えたボリュームは潤沢。

こうした昔の雑誌展はお値打ち、見る人それぞれの思いが重なる…。

隣接の竹久夢二美術館(絵手紙とメッセージ展)は、普通に知られた独特の女性顔と違った、別モノが楽しめた。

明治末から昭和初期までの私信は、のぞき気分の魅力。

宛先は、○○区○○町でおしまい(番地はない、都内なのに)。

宛先や宛名も個性的流し文字…、当時の配達さんはすごい!

多くの文化人の字面は、絵、文章をこえて見ごたえあり、個性(教養)がぷんぷんする…。

|

« 季節外れ | トップページ | イチョウ 2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中原純一展:

« 季節外れ | トップページ | イチョウ 2 »