« ヒメヒオウギ | トップページ | ロウバイの実 »

マリンバ協奏曲

先日のコンサート(東京フィル)に、マリンバ協奏曲があった。

大きな木琴が用意(ソリストの位置)され、舞台後方の管楽器、打楽器は引っ込む。

プログラム
…三村奈々恵さんは…数々の国際コンクールで優勝を重ねる。…

…三村奈々恵さんのために2010年春より夏にかけて作曲。…

2010年11月27日…初演。

吉松隆(1953- )
マリンバ協奏曲「バード・リズミクス」

すごい!
迫力、エネルギー、繊細なマリンバのコンチェルトに…感動の拍手。

彼女の手招きに、客席から作曲者が舞台に上がる。

短時日に、見事にこなし、作曲者は誰よりも嬉しいことでしょう。

ロビーに、前日のリハーサル写真が並んでいる。
71925月21日 シビックホール
リハーサル(20日)
三村奈々恵(マリンバ) 
藤岡幸夫(指揮)

休憩をはさんで2曲目は、レスピーギ・交響詩「ローマの松」。

その4部のクライマックス…トランペットの響きにビックリ演出があった。

1階の中央横通路、両サイドにトランペット奏者が数人ずつ、譜面台(ランプ付き)を各自置いて…。

自席から近い位置、舞台に向かっての立体音…嬉しい愉快なコンサートだった。

|

« ヒメヒオウギ | トップページ | ロウバイの実 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリンバ協奏曲:

« ヒメヒオウギ | トップページ | ロウバイの実 »