« オオイヌノフグリ | トップページ | 春の雪 »

アセビ

6770 3月6日 新江戸川公園
アセビ

 花房の真っ白になるアセビかな

まだ細い蕾も交じる今が、一番の見ごろ。

ついこの間まで、薄茶色のリリアン紐のような束だった。

日に日にリリアン紐は膨らみ、釣鐘形の純白に。

『花おりおり』アセビ…
日本で最古の造園植物の一つ。
近年出土した飛鳥の島宮
しまのみやの庭園にも植えられていたであろう。
大伴家持は庭園の池に映る花を袖に入れたいと詠んだ(『万葉集』巻二〇)。
馬酔木
あせびは日本であてた漢字。
アセトポトキシンなどを含み、呼吸中枢を麻痺させるが、大陸から渡来した馬は知らずに食べたか。

|

« オオイヌノフグリ | トップページ | 春の雪 »

樹木」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アセビ:

« オオイヌノフグリ | トップページ | 春の雪 »