« 池が氷った | トップページ | 後ろ足に靴下 »

修理不可証明

わが家の「ガスファンヒーター」の話。

1月8日、「古いですね、私の生まれる前の製造です、部品問い合わせしましたが、ありませんでした…」

修理の人の予想通り、2種のセンサー関係不能が原因。
出張費¥2100は当然とは思うものの、不可証明費用と感じた。

30年前(S56年12月購入)の製造ながら、毎年出したわけでもなく、使用時間も少ない、新品同様?と思っていた。

微妙なセンサー物はますます拒否反応になる。

こちらはダイヤル黒電話愛用者なので~す。

|

« 池が氷った | トップページ | 後ろ足に靴下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修理不可証明:

« 池が氷った | トップページ | 後ろ足に靴下 »