« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

ハンカチノキの実

6525 1月29日 礫川公園(文京区)

ハンカチノキの実

午後、シビックホールでコンサート(東京フィル)。

バス停1つ手前で下車、ホール(文京公会堂)前の礫川公園を歩く。

花壇の草花以外、花はな~んにもない。

ハンカチノキ(後楽園駅ホーム寄り)に実がいっぱい下がっていた。

今、樹木に種々小粒の実を見るが、初めて見たハンカチノキの実は大きく、ピンポン玉ほどもあったろうか。

 10,5,10投稿「ハンカチノキ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小ホール向き(チェンバロ)

ラジオ土曜5:40(29日)「千住真理子のクラシックでお茶を」を、久しぶりに聴けた。

テーマは「チェンバロ
ピアノは打楽器、チェンバロは弦楽器。
チェンバロは音が小さい。
小ホール向き。
自身のヴァイオリンと似通う点の語り(共に鳴らしたらしい)…の言葉がもう私のアタマから消えて…いる。
そして数分内での、チェンバロ曲のバッハ、ヘンデル等が鳴る。
  
    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

昔、区の音楽鑑賞教室(緊縮財政で止まった、教育センター視聴覚室での年2回の土曜日コンサート)は、楽器の触れるほどの近さ(休憩時)の説明サービスが、何時までも印象に残っている。

H12,6,3は、小題が「J.S.バッハ没後250年記念/ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロ」

当日のチェンバロも「百万円(忘却)」もするとの説明を聞いている。
とても信じられないシロモノ(無知の悲しさ)、まるでベニヤ板に染色模様の薄っぺら(と見える)にはギョッ!とした。

それにしてもTV映りのいいこと!
UPで映ると、思い出しては、可笑しく、懐かしい。

 10,1,3投稿「名器の音色が変わっていく」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池のカモ

65191月27日 新江戸川公園

二羽の鴨フィギュアーのように池縦横
       止まってブルルン動いてピシャン

このところ、この2羽が居着いている。

池に馴染んだのだろうか、隅々まで泳いだり、羽を広げての演技…は、スケートリンクのよう。

 

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一つ星

6512 1月27日6:18 ベランダから

  一つ星 置いてけぼりの 寒の朝

たまの洗濯掃除日、竿拭き頃はまだ夜明け前、東南側近くの高層ビル上に星一つ…、 にちゃんと出た! 
薄明るくなり、小さなショウは終わる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カネノナルキの花 3

カネノナルキ
10月中旬 蕾
10月下旬 蕾の数が広がる
12月27日 1つ開花

6511 1月26日

びら4弁5弁と入り混じっている(2・8の割合)。

小粒の花は長持ち、蕾期間も長く、葉も紅くなり、きらきらと可愛いケシキは真冬を頑張る。

10,3,21投稿「カネノナルキの花 2」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

白梅と黒瓦

6504 1月25日 関口芭蕉庵正門(閉門)

  猫下りて 白梅触れる 瓦門

開かずの門(花見、芭蕉忌頃のみ開門)には、屋根に門前に猫たちがいつもいる。

風の冷たい寒の午後、猫は小屋根にもいなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バースデー・アイスクリーム

6495 孫の誕生日に近い土曜の「お昼」

 祝い用アイスクリームの「おう、冷た!」
          年寄り不向きまた一つ知る

先日、「…アイスクリームとケーキのどちらがいいですか」の問い合わせは、あったのです。

パン屋時代、牛乳屋から業務用アイスクリームを買い、オタマで盛り分けるほどの好物だった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒の朝月

64931月22日7:00  ベランダから

 寒の朝 フィナーレの月 忙しなく

都心の3階から見える寒の朝月は低く、目の前。
わずかの内に隣家の壁面に消える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒヨドリ

アロエの花に、ヒヨドリ!
網戸越しの画面は、ぼやけ撮れ。
ガラス戸を開けたら、逃げた!

64881月20日9:12 ベランダから
ヒヨドリ

飛び移った先は、目の前の電線。

ベランダの小さな花壇に来たのは、おや~珍しい!のキモチ。

ベランダの花壇や鉢に、冬場に咲くカタバミ系ラッパ型の黄色、その長~い茎先の、花部分だけ消える不思議現象は、ヒヨドリだった?
てっきり鳩か雀と思っていた。

身近な鳥害対策…カラス(ゴミ収集場の金網)、スズメ(田んぼの案山子)、ハト(2階から上のマンションベランダに巣排除金網)

ムクドリの一句、コメント(川乗山さん)にありました。
    「ムクドリを 憎しと思う 柿の秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大寒の朝

早朝ラジオ、聴取者からの満月メール、いくつか紹介。
満月撮るには少し明るくなってから…。
が、見つからない…。

すると、南側の女子学園塔(小)から湯気…、「煙突」と初めて知る、大寒の朝だった。

64841月20日7:09 ベランダから 
女子学園 大小の塔

 大寒や 朝日に揺れる 塔の湯気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くの2羽 2

6479 1月19日 神田川駒塚橋下
アオサギゴイサギ

珍しい!アオサギが石に立っている。

前日の新江戸川公園(池と川の距離は50㍍以下)に、ほんの数分いた同じアオサギと思う。

と、壁梯子常連のゴイサギも、そこにいた。(梯子6段上に、ゴイサギはもう1羽いた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くの2羽

6470 1月18日13:38 新江戸川公園
カワウアオサギ

いつもいないカワウが、石に止まっていた。

離れると、後ろでガーガー鳴き声!

と、手前の石にアオサギが、同じポーズで立っている。

並んだ?2羽を撮ると、間もなくアオサギは飛び立つ。

そして、カワウも同じ方向(神田川)に飛び立った。

大きな鳥(鳩等)の低音で響く声、だみ声の共通が可笑しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

去年と同日にメジロ

64621月17日13:22 江戸川公園

江戸川公園の早咲き梅に、今年の初メジロを見た。(10,12,21投稿「メジロだった」…12月18日)

江戸川公園の小さな梅林(12本)での初メジロは、去年と同日だった。

  白梅に鶯色の見え隠れ去年のメジロもブログにその目

ブログ始めて3年ちょっと、おかげで花の中のメジロ眺めを嬉しがっている。

10,1,19投稿「本年初メジロ」 …1月17日13:44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲良し鴨

6449 1月16日12:55 新江戸川公園

いつもいない鴨が2羽来ていた。
互いの意思シグナル  の謎…。

当日は低温、寒風。
池全体に静かなさざ波、水も冷たそう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガスファンヒーター

通院(夫の付き添い)の土曜日は、3日前から決まっていた寒波予報の曇り印…。

張り切って?のよろよろ帰り、駅近くの東京ガス店へ寄る。

 寒波予報ガスショウルーム若者の制服姿みなに分けたし

寒空に職のない、決まらない若者たち、作業着が何やら豊かに見えた。

6447写真は29年前のガスファンヒーター
小さな部品2個の欠陥で大きな交換は、廃棄物のモンダイ。(修理に来た人は長命品にびっくり)

陳列機種は、全品余分な機能が増え、安くなり、サイズが小さくなっている。

新規購入価格は割引もあり、前品の半額ちょっとで新品に、少しフクザツ気持…。

きょう(17日)午前配達セット予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カワセミ 4

6444 1月13日13:07 新江戸川公園
カワセミ

1枚撮れたのが、ピンボケ (。>0<。)

たま~に見かけるカワセミ!
この日はメインの眺め位置から…すぐ上の小枝へ止まったり、くるくる動き、池石に下り、水中へ消えた!

09,12,26投稿「カワセミ」
10,1,26    「  2」
10,3,25    「  3」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モズ

6440 1月12日 新江戸川公園
紅梅とモズ

肝心の嘴が見えない (;д;)

『けさの鳥』モズ……
全長約20㌢。
くちばしの先が鋭く鉤
かぎ状に曲がり、昆虫やカエル、小鳥などを一度くわえたら離さない。
小枝や杭の上で尾を回すように振りながら、獲物が動くのをじっと待つ。
宮本武蔵の筆という「枯木鳴鵙図
こぼくめいげきずは、「キーキーキー」と秋の高鳴きをしている様子か。
時にカッコウに托卵される。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジョウビタキ

6437 1月12日 新江戸川公園
ジョウビタキ

「ジョウビタキの♀でしょう」と、よく昼休みに会うサラリーマン。

『けさの鳥』ジョウビタキ……
ツグミ科の鳥で全長約15㌢。
喉が黒く、胸、腹が赤褐色で美しい。
シベリアのバイカル湖より南東部、サハリン、中国北部や中央部で繁殖する。
冬になると日本に渡り、平野から山地の農耕地や河原、庭などで普通に観察される。
好んで日本画の題材にされ、床の間の絵などでよく見かける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館の棚 4

新年早々、高峰秀子さん(86歳)の訃報記事が載った。

50代での大スターの引退は珍しく、晩年?まで、その出演映画を見てのフアンだった。

図書館の棚にある数冊の著書(エッセイ)を読み、文体も中味も魅せられ、ますます好きな人になっていた。

記事内の『わたしの渡世日記』(日本エッセイスト・クラブ賞受賞)は、知らなかった。
では、図書館休業明けにさっそくリクエスト…とメモする。

6431 1月11日、「文庫本があります」と言われ、即日借りる。

“まえがき”に、…S51年上下2巻の単行本で出版され、その後文庫本にもなった…とある。
それは、よく売れ、読まれた証し…。

亡き人の懐かしいエッセイを、楽しみに大事に読み始めた。

すごい!誕生前の背景から始まっている、これは大河ドラマだなと思った、まだ上巻の半分ちょっと読んだだけだが。

からっとした持ち前のユーモア表現…ぐんぐん引き込まれ、読書のお味の美味しいこと!

09,11,18投稿「図書館の棚」
10,2,12    「  2」
10,4,23    「  3」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

後ろ足に靴下

64251月9日 江戸川公園遊歩道

シープドッグ

変わった感じの犬が来る、おや~後ろ足に靴下

「もう、お爺さんなんですよ」
見るからにおとなしそう…。

…この遊歩道散歩常連のリクちゃん(蹴爪)も、後ろ足に赤い靴を履いている…
(傷みの激しい前足?に履かせたいが、本人?が嫌がり、脱いでしまうとか)

カテゴリー欄の ペット をクリックすると、リクちゃんの  10月4日投稿「りくちゃん(蹴爪)」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

修理不可証明

わが家の「ガスファンヒーター」の話。

1月8日、「古いですね、私の生まれる前の製造です、部品問い合わせしましたが、ありませんでした…」

修理の人の予想通り、2種のセンサー関係不能が原因。
出張費¥2100は当然とは思うものの、不可証明費用と感じた。

30年前(S56年12月購入)の製造ながら、毎年出したわけでもなく、使用時間も少ない、新品同様?と思っていた。

微妙なセンサー物はますます拒否反応になる。

こちらはダイヤル黒電話愛用者なので~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池が氷った

6420 1月8日12:50 新江戸川公園 
氷った池 
昼過になるのに、大部分に薄氷が…。
(前日の7日は今冬一番の冷え)

昔は都心でも、台所(水回り、かまど…)の土間に置いたバケツに氷が張った。
庭には霜柱、雪も積り、くるくる巻いて  も。

8日の夕刊 「厳寒 つるり」
1面目の写真(8日7:44)は、氷結した皇居お堀で転倒するユリカモメ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スイセン 2

6416 1月6日 関口芭蕉庵
スイセン

  訪ねれば 水仙の見ごろ 芭蕉庵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大木紅梅

6410 1月5日 新江戸川公園

 池映り新春模様に一変し
     猫見なかった新江戸川公園  

年始休園あけの5日、2階屋根ほどもある大木紅梅が満開になっていた。

12月下旬まであった紅葉もなくなり、初景色はシンプル…。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庭園開放(椿山荘)

64041月4日 椿山荘冠木門

  年初め庭園開放椿山荘
       錦鯉など眺めたりして

年中無休の椿山荘庭園、神田川までの散歩に年始のUターン点、感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鈴生りの柿

前日のつづき。

谷中七福神の終点は不忍池弁天堂(弁財天)。

不忍池新年散歩も楽しめて、うってつけのコース。

63981月3日10:40
弁天堂脇に、鈴生りの柿の木
小鳥が隣の常緑樹と行ったり来たり。
中央辺りの小鳥、目立たない。(u_u。)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

谷中七福神 3

谷中七福神は、楽しみな新年ウォーキングになっている。

足の便、距離、環境が高齢者に優しい。

動坂下バス停3分~東覚寺(福禄寿)~青雲寺(恵比寿)~修性院(布袋尊)~長安寺(寿老人)~天王寺(毘沙門天)~護国院(大黒天)~不忍池弁天堂(弁財天)

63971月3日10:20 護国院

藁ぼっち

 また一年 谷中七福 ごきげんよう

長安寺~天王寺~は都立谷中霊園内を通る。
著名人の墓が多い。

通り道に、「川上音二郎」(おっぺけぺ作詞作曲)の文字…が。
大きな台座の説明だった。
かつて音二郎の銅像(戦中供出)があった。

銅像、鐘楼…地面に転がる鉄釘までも集めた(私の記憶…鉄不足の戦争)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナミズキの実

6391_2 1月2日 春日通り(中大前)

 珍しや 実を散りばめて ハナミズキ

街路樹に増えてきたハナミズキ、と、空に赤いを放っている、それは1本だけ…、ニューイヤーツリーになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焚火

6389 1月2日9:50 北野神社(文京区)

 境内の 煙色々 焚火かな

小さな境内に、幾つか空き缶焚火がパチパチいい音を出している。

廃材に段ボールで火を移したり、火力をつけたり、時折りの黒い煙…けむいのも何やら魅力…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白梅

638012月29日 江戸川公園

  青空や 紅白触れて 小梅林

公園の梅、1本枯れて今は12本、過酷な条件らしく枝の賑わいもない状態…、紅白が6本ずつ。
全体に開花は早く、やがてメジロが花とかくれんぼ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卯年元旦

6379  草食の美味と健康卯年元旦

 卯年来て三回り前の土鈴出す
          生身の世界年月の深し

36年も前の伊勢神宮土鈴(名古屋勤務時の義兄から)…、変わらないのはモノだけ…。

昨秋、後期高齢者になってしまった。
ここまで来ると、なにもない普通がありがたい。
本年の平穏をお祈りします。
         

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »