« 民家のお稲荷さん | トップページ | 桜紅葉 »

重要文化財見学(山梨)

区のサークルがいくつか集まってのバス見学会「重要文化財の古刹を訪ねて」、久しぶりの遠出?なので申し込む。

11月11日8時シビック出発、上天気つづきでの期待通り、9時ごろ窓外に富士山…。

ががちゃばばさんの写真と同じ少量斜め冠雪の富士、本物を大きく見るのは久~しぶり。

30分以上見え、角度が移りながら堪能。

行程…放光寺~昼食~大井俣窪八幡神社清白寺

6150 昼食 
ご飯、みそ汁、デザート(ニンジンムース果物)
フルーツパーク富士屋ホテル(90名での大宴会場貸切は丸テーブルで上等雰囲気)

6172 大鳥居 大井俣窪八幡神社
現存する木造鳥居としては、日本最古(1535)。

平日参観、90人のサークル集団、事前交渉の成果?で、開かずの扉開帳や、3寺社の丁寧案内説明…。

仏像、建築、屋根材の檜皮茸…の魅力を味わう。

神社の説明…
中世以来、神仏習合の信仰が強く…~明治維新でその形式はなくなる。
本殿の仏像は他に移す。
境内の鐘楼は神仏習合の名残…。

無信心の私は、高齢になるにつれ宗教に距離を置くようになっている。
文化としての寺社は、広い境内の効果もあり、大好き。
神仏習合がなくなった事実はユーモラス(不謹慎ですが)で、怖い宗教がちょっぴりやわらぎ、可笑しみが混じる。

6179 11月11日16:17 
清白寺近く(富士の真北…地図検索)からの富士は、馴染みの山容とは違っていた。
鮮明ではなかったが、記録に  1枚。 

|

« 民家のお稲荷さん | トップページ | 桜紅葉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

良い所を廻られましたね。
私も信仰心はありませんが、神社仏閣に行ったときには、家内安全、健康を祈ります。

富士山は、見る場所で姿が変わり面白いですね。
夕陽を浴びて薄赤く見える富士山、良く撮れています。

投稿: がちゃばば | 2010年11月16日 (火) 21時27分

がちゃばばさん、おはようございます。
ほんとのところ、富士目当てのバス旅申し込みでした。
夫の戦友会、数年前まで毎年静岡まで行って、1泊2日が富士眺望ゼロ、という不運。
澄んだ日を当てにしての私、昼はちょっとぼんやりでしたが、なんとか見られて嬉しかったです。(*^-^)

投稿: 高尾山 | 2010年11月17日 (水) 08時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重要文化財見学(山梨):

« 民家のお稲荷さん | トップページ | 桜紅葉 »