« 高田馬場流鏑馬(やぶさめ) 3 | トップページ | 紅白雲 »

浜離宮恩賜庭園

「庭物語り会 鑑賞会」という講座(3回)を受講する。

初回は、浜離宮恩賜庭園の講義。

2回(10月12日)は、浜離宮庭園の現地鑑賞。

都心のわりに、大変不便。
一大決心でもしない限り、自分ではめったに来ないトコロ。

徳川将軍のための庭で、地形的に警備は完璧。
将軍が好きに過ごせる憩いの場だった。

海水を引き入れた池は潮の香りを放ち、歩いていても…ぷ~ん。

岸辺、橋げた等に貝殻が張り付き、満潮には橋床下すれすれまで水面が上がるとか、なかなかの情景…と思う。

6004 中島のお茶屋…将軍、御台様、公家たちが庭園の眺望を堪能した休憩所。
入口の庭は、箒目が本物(数年前見た銀閣寺の箒目は固められていた)、タイムマシーンに乗ったよう…。

形だけ残っている鴨場

鴨場の池は淡水で、水面は藻で緑色。

監視所…鴨の様子を見て、幾筋かの引き堀(細い堀)前の小のぞきに、「どこの引き堀近くに鴨がいる」の情報を教える所。

鴨から人間が見えない工夫は、監視所の小丸穴、引き堀の両側土盛り壁と小のぞき…とよくできている。

6008 監視所の小丸穴から、当時の目になって撮ってみた。

黒い点・点・点…は

庭園から海岸にそのままじゃぶじゃぶ入って遊べる、京都の公家たちの驚きと喜び…。

その辺りの空と海だけの当時の眺めは、埋め立てられ、ビル・ビル・ビル景色に。

そして、この庭園も昔の埋め立て地

出入り口近くの、三百年の松は最大の松。
全体に大小松が多い。

|

« 高田馬場流鏑馬(やぶさめ) 3 | トップページ | 紅白雲 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
お庭の写真や鴨場ですか。。。
将軍様は優雅な暮らしをしていたのですね。
浜離宮庭園滅多に見られないお庭を見られて
良かったですね!
良い講座を受講されましたね

投稿: yuuyuu | 2010年10月15日 (金) 20時18分

高尾山さん
よい講座を受講されていますね~

砂庭の箒目  固めてあるのも あるですか・・・
物を知らない私は 毎日何度も 掃くのか・・・と思っていました。
それは そうですよね・・・

すぐに忘れるのですが こんな歴史に触れるが大好きです。

投稿: まあちゃん | 2010年10月16日 (土) 08時30分

 ≫yuuyuuさん、おはようございます。
遊びごころをそそられる講座名、と感じました。
将軍様のお庭といっても、地方の広い公園を思えば、歩く距離は少ないのに、もうもう大変疲れました。
なんでかなあ、と思っています。

使われてなくて、わずかな名残をとどめる鴨場の印象が強かったです。


 ≫まあちゃん、おはようございます。
実は、数年前に行った銀閣寺の特長ある箒目模様がしっかりと固まっており、がっかりしてました。
恥ずかしながら高校修学旅行以来でしたので、いつから固めたか分かりませんが。
海には見えない、海水の池の潮の香りは、日本人の郷愁を誘い…、いいです。


投稿: 高尾山 | 2010年10月16日 (土) 09時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜離宮恩賜庭園:

« 高田馬場流鏑馬(やぶさめ) 3 | トップページ | 紅白雲 »