« 蝶 | トップページ | キジバト番い? »

「百段階段」(目黒雅叙園)

先日、歌舞伎展の招待券(抽選)を貰う。
会場は雅叙園の「百段階段」。
「猿之助歌舞伎の魅力」の展示タイトルも嬉しかったが、「百段階段」は何やら謎めいて憧れだったトコロ…。

百段階段」…(パンフレット)
百段階段」とは通称で、かつての目黒雅叙園旧三号館にあたり、同園で現存する唯一の木造建築(昭和10年築)です。
食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、九十九段の長い階段廊下が繋いでいます。
階段は厚さ約5㎝のケヤキ板を使用。
階段で結ばれた各部屋は、それぞれ趣向が異なり、主に装飾を担当した画家の名前が付けられています。
今なお日本人が持ち合わせる、伝統的な美意識を残し続けています。
平成21年3月、東京都指定有形文化財に指定されました。

切符を渡すと、螺鈿で装飾(平成5年)された絢爛豪華エレベーターで3階へ。
入口で靴を脱ぐ。

廊下板、窓枠、室内装飾(欄間等の絵)…日本古典の華やか部門を見せて貰ったような、夢世界でした。

  東洋の雅御殿に吸いこまる
          百段階段猿之助世界

5976 10月7日 雅叙園1階人工庭園

金銀の鯉は、愛らしい小型。( ^ω^ )

1階のおしゃれなプロムナードを往復しての帰り、誰もいなかったエレベーター前は、100人もの大行列。
出ると、観光バスが来ていた。

|

« 蝶 | トップページ | キジバト番い? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
こんな立派な建物を見ることができたのですか・・・羨ましいです。
5cm厚さのケヤキの階段なんて・・・滅多に見ることができません。
よかったですね~
抽選で当たったなんて・・・
羨ましい・・・です。

投稿: まあちゃん | 2010年10月11日 (月) 15時42分

まあちゃん、おはようございます。
打ち明ければ(笑)この9月に後期高齢者の身になりました。
都心辺りへはらくにトコトコ出かけられる、OKの展示会はその点気分も乗ります。

つい数年前まで、ひとりor友と2人低山歩きしてましたので、その匂いにぷんぷんひたれる「まあちゃんがんばってます」を嬉しがっています。
よろしくお願いします。

投稿: 高尾山 | 2010年10月12日 (火) 08時26分

こんばんは~
ありがとうございます。
うれしいです。
仲良くしてくださいね。
こちらこそ よろしくお願いします。

投稿: まあちゃん | 2010年10月12日 (火) 18時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「百段階段」(目黒雅叙園):

« 蝶 | トップページ | キジバト番い? »