« 蝶の番い | トップページ | キキョウですか? »

三重塔(椿山荘)

たまに昼散歩でお邪魔する、椿山荘(庭園開放)の記事と写真が大きく出ていた。

9月16日朝刊、「三重塔華麗に変身」記事抜粋

…椿山荘(文京区)で、園内で最も高い丘の上にそびえる三重塔の改修工事が始まる。

1925年に広島県から移築されて以来、初めての改修…

椿山荘がある地は、中世からツバキの名所として知られ、「つばきやま」と呼ばれていた。

…山県有朋が1878年、付近の土地を買い取り、地形をいかした庭を造って「椿山荘」と名づけた。

…関西の財閥である藤田組2代目の藤田平太郎が、山県から庭の景観維持を条件に譲り受けたのは1918年。

山県の死後3年たって、三重塔を移築した。

…塔はもともと、平安時代の歌人小野篁おののたかむらゆかりの篁山竹林寺(広島県…)に立っていた。

…大正時代強風によって2~3層目が大破されたまま放置されていたところ、…藤田が譲り受けた。

…平清盛が第1回の修理をした…1200年前の建物…

…有形文化財に登録されている。

…来年7月完了予定…。

5907 9月26日 椿山荘
三重塔

(記事掲載の翌17日起工式)

記事を見て、当日、三重塔を撮りに行くと、式用建物がまん前にで~んとある。
工事まで1カ月以上(式用は解体)あるとのこと、後日撮りに寄った。

|

« 蝶の番い | トップページ | キキョウですか? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重塔(椿山荘):

« 蝶の番い | トップページ | キキョウですか? »