« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

三重塔(椿山荘)

たまに昼散歩でお邪魔する、椿山荘(庭園開放)の記事と写真が大きく出ていた。

9月16日朝刊、「三重塔華麗に変身」記事抜粋

…椿山荘(文京区)で、園内で最も高い丘の上にそびえる三重塔の改修工事が始まる。

1925年に広島県から移築されて以来、初めての改修…

椿山荘がある地は、中世からツバキの名所として知られ、「つばきやま」と呼ばれていた。

…山県有朋が1878年、付近の土地を買い取り、地形をいかした庭を造って「椿山荘」と名づけた。

…関西の財閥である藤田組2代目の藤田平太郎が、山県から庭の景観維持を条件に譲り受けたのは1918年。

山県の死後3年たって、三重塔を移築した。

…塔はもともと、平安時代の歌人小野篁おののたかむらゆかりの篁山竹林寺(広島県…)に立っていた。

…大正時代強風によって2~3層目が大破されたまま放置されていたところ、…藤田が譲り受けた。

…平清盛が第1回の修理をした…1200年前の建物…

…有形文化財に登録されている。

…来年7月完了予定…。

5907 9月26日 椿山荘
三重塔

(記事掲載の翌17日起工式)

記事を見て、当日、三重塔を撮りに行くと、式用建物がまん前にで~んとある。
工事まで1カ月以上(式用は解体)あるとのこと、後日撮りに寄った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝶の番い

5920 9月26日13:30
蝶の番い

民家の玄関先のコンクリートに、2羽の蝶がぐるぐる舞っていた。

1羽(♀)が止まると、1羽(♂)が羽ばたいて寄ったり、離れたり、その忙しない動き…。

♀は2回の移動だったが、交尾成功?共に飛び立っていった。

がちゃばばさんからコメントいただきました、ありがとうございます。
(抜粋コピー)
ツマグロヒョウモンのペアですね。丁度良い場面を撮られました!
黒っぽい方が雄です…
 

私の勝手な見当は、外れ。
下が♂  羽ばたいている方が♀

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝の白 3

前日(27日)からの雨、けさの予報は夕方まで降るらしい。気温も平年以下…。

数日前まで残暑のつづいた9月、昼散歩はかなわず、散歩とラジオ体操で50分ほど教育の森公園(旧教育大)へ行くようにした。

体操参加の初日だったと思う。
純白のブードルが来ていた。
その後、来ていない。
私も連日出席ではなかったが…。

58539月12日6:19 体操広場 

それぞれの体操待ちの朝の白
       白ブードルも目立ってました 

ブードルは、自前の毛をデザイン刈りして面白い。
こんなにくっきり見えて、刈って1ヶ月。
10才。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タカベ漁

5904 おや~「タカベの塩焼き」写真!
ちらっと見て、タカベと分かる、馴染み魚の感じ。

9月24日東京版に「神津島伝統タカベ漁に異変 建切網漁」記事。

伊豆諸島神津島で…
…今年は、透明度の高い黒潮が沿岸近くに流れ込んだ…
「海がエメラルドブルーのように澄んで、魚が沿岸近くまで寄ってこなかった…」
…漁師たちは「建切にとって、黒潮は大敵」…
…透き通った美しい海水は観光客にとって魅力だが、漁師にとって漁の妨げになる。
…期間限定の漁、この時期だけ建切に参加の人もいる。…

今も続けられている漁、伊豆諸島の漁があってこその観光客も味わえるタカベ…。

わが家の冷凍室に眠るタカベ、お値打ち感がぐっと上がった気がした。

当夜のタカベ調理は、記事写真からと、友(安房出身)の薦める「塩焼き」にする。
鱗を取り、腹に包丁を入れ、わたはそのまま、塩を振る。
太った全身にコゲと脂がのり…、わたごと全部、旨かったです。

 9月12日投稿「タカベ(式根島) 2」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『北北西に進路を取れ』

文遊会(映画の集い)9月の映画は『北北西に進路を取れ』(1959年、主演ケイリー・グラント)。

ヒッチコック製作は、大好きなサスペンスもの。
味方のスパイと分かる展開までは、ワクワクドキドキ…。
愛情のハッピーエンドはおあつらえ向きだった。
そして、日本語タイトルの発音♪の魅力的なこと!

5827 当日、会場机に折り紙製の「こま」が広がっていた。
「どうぞ持ってってください」副会長Yさんのプレゼント。
夜なべで60個折ったという。

15㌢角4枚(包装紙)使用。
ちゃんと回った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オミナエシ

長かった今年の残暑、9月22日はその夏日予報の最終日になった。

朝散歩は、ラジオ体操に行けない(洗濯日)ので、反対方向の護国寺にする。

5900 9月22日5:33 護国寺
オミナエシ

 境内の オミナエシ少し 朝散歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナの咲く頃

猛暑、残暑がつづいた今夏は、秋の果物が遅くなりそう、彼岸花の蕾が出ない…の情報があった。

身近なヒガンバナの眺めでは、小石川後楽園が一番になる。

敬老週間(15~21日フリー)の20日、開園早々「ヒガンバナの様子見」に出かけた。

5891 9月20日9:15 小石川後楽園
ヒガンバナ

当日は彼岸の入り、ヒガンバナはちゃんと咲き始めていた。

彼岸中日の23日、東京は終日雨、真夏から一気に11月上旬気温とか…。

後楽園の池土手は、ヒガンバナの紅いろと茎の緑が広がった、静か~な彼岸景色になったことでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

揃いの祭はんてん

9月になると、近所の4つの神社がそれぞれの土日を選び、年1回の「祭礼」をする。

この辺りは学校街で、昔から夜間人口が少ない。
子ども祭りは、小路まで御輿と山車が回る。

5890 30年以上前から「子ども用はんてん」を町会が貸し出し、みんなが揃い姿になった。

自転車買い物範囲内に、それぞれの町会別に神酒所ができて、それぞれの「揃いはんてんの子どもたち」を見る。

年々減っていく子どもの数、続けるだけでも各町会さんは苦労と思う。
そして、優しい、嬉しい気分にしてくれるのでしょう。(゚ー゚)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紅白咲き(オシロイバナ)

朝晩の涼風と雨を貰い、歩道植え込みの雑草が茂っている。

オシロイバナは、園芸用より雑草化した方が多いし、色も模様も色々、1本の茎からの「紅と白」を見つけた。

5886 9月19日6:43

オシロイバナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウホネ

自転車で初めて通った脇道に、プラスチック箱を並べて水草を育てているお宅が見えた。

青いホテイソウの花に見とれ、ちょっと観察…。
と、コウホネが1輪咲いている。
これは珍しい、こんな環境(失礼)で咲く花だったろうか。
育て上手に感心しました。

5881 9月18日10:31

コウホネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しい 6

5879 9月17日朝刊の囲み記事「青鉛筆」に、ぱ~っと可愛いウリ坊(子どものイノシシ)のUP写真!

それは、子ざるがウリ坊の背に抱きつき歩く姿。
ともに生後4ヵ月の♂。
親と離れ離れの、子ザルの夜泣きに、ウリ坊を連れてきたら、子ザルが抱きついたという。

ウリ坊は大きな頭ながら、、抱きついている子ザルが同サイズに見え、可笑しい。

私は申年と亥年の2人姉妹。幼い日の空想模様が、楽しい。( ^ω^ )

 8月10日投稿「楽しい 5」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

季節外れ咲き

椿山荘(庭園開放)の水辺に、花菖蒲が1輪だけ咲いていた。
残暑や猛暑日の記録のせい?とっくに終わっている花菖蒲のビックリ咲き…。

5857 9月15日12:29 椿山荘
花菖蒲

ミソハギがまだ咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルボですか?

16日、朝までの豪雨から小雨模様の曇りになり、最高気温夏日以下予報は3ヵ月ぶり…、それでも平年並みとか。

なじみの新江戸川公園から7分ほどの甘泉園(早稲田)に、「ツルボ」探しに行ってみた。

あ、似てる!
が、ちょっと納得できない花の形。
雰囲気はツルボ、と思う。
とびとびに同じ遊歩道沿いの3ヶ所ほどに、ひっそりと密集?、他には見当たらなかった。

5882 9月16日13:09 甘泉園
ツルボ

検索すると、これと似た、穂のような花部分の長い形も載っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウバナ

今、庭園に繁茂している、薄紫の小花の名前が分からない。

写真と見比べながら、ず~っと見つからなかった。

やっと似た花に「ミヤマトウバナ」とある。
で、ミヤマを外して「トウバナ」にいきつきました。

5832 9月9日9:58 新江戸川公園
トウバナ(シソ科) 
4㍉ほどの極小。

花期は5~8月とあるが、残暑の長い今年は、9月中旬の今も盛り…。

トウバナ(塔花)…名前は花が階層状に多数ついた様子を塔に見立てた

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカイツリー 2

2ヶ月ぶりのトリフォニーホール(錦糸町)は、スカイツリー眺めの楽しみになった。

入口手前の、エスカレーター上がった辺りは、開演前も後も、  でふくらんでいた。

見比べ……クリックすると6月16日投稿「スカイツリー」が出ます。
http://kohinata4.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-1c25.html

5858

9月12日16:13 錦糸町

スカイツリー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挨拶

先日のコンサート会場シビックホール内、開演前の手洗い廊下で、コーラス会の人とバッタリ会う。
来てたことを知らなかったので、ほの嬉しい。

帰りのバスでは、同じ会の人2人と会い、一言挨拶。
と、バス隣席の人「なにかあったんですか」
…コンサートです…
「こどもの?」
…東京フィルです、指揮は小林研一郎さん…
「優雅ですね~」

知人との一言挨拶から、知らない同士の、その先3分乗車と、お別れ挨拶と…。

  目礼の 涼風通う 朝散歩 

5849 9月11日 シビックホールロビー
指揮者とソリスト(上村文乃)

…10点ほどの「リハーサル風景」の1枚…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の白 2

朝散歩とラジオ体操参加と…、5:50ごろ出る。

教育の森公園の外側を一巡して、体操広場に行くと、「みんなの体操(テープ)」が流れ、指導者が立ち、始まる。
初めての、知らない体操だった。

58549月12日6:26
ラジオ体操開始まで休憩

  涼しげな 体操の白 朝の白 

6:30 ラジオ体操は、自己流と相当違っていた。
思ったより運動量あり。
自室では、跳ねる動作は省略…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

朝の白

5847 9月11日 6:06
サルスベリ
珍しい白い花、猛暑も初秋も、元気に長持ち。
 
 朝散歩 白サルスベリも 百日紅

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タカベ(式根島) 3

9月8日夜7時半ごろ、息子一家が式根島帰りに、土産のタカベを置いていった。

5830 「酢漬けで…」の念押しのような調理も、去年の経験ですんなり分かる。
14匹中、満杯ぎみの冷凍室は8匹まで。
6匹は、冷蔵室へ。

翌日、6匹を調理。
はらわたは鮎のようにきれい。
慣れてる人は、そのままでも?

2時間ほど酢(しょうゆ)漬け。
唐揚げ?(魚の揚げ油は捨てるので、少量油でふた使用)

残り野菜(なす、しめじ、玉ねぎ、トウガラシ少し)を炒め、勝手な味付けと酢で、とろみかけ汁。

1匹半ずつ、3匹、頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ツルボ」が生えない

9月8日の雨は1ヶ月ぶりらしい。
台風9号のおこぼれで、東京は慈雨になり、気温を下げてくれた。
その夜は豪雨。

翌9日9時半ごろ、日差し復活前に新江戸川公園(神田川)へ。
ツルボを見たくて行ったのに、見つからなかった。
初秋の野草の薄紫の穂のような花(08、9、11と09、8、29投稿)は、異常残暑で生えなかったらしい…。

5837 9月9日 新江戸川公園
ヤマボウシ

 豪雨去り 地面に座座座の 山法師

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高層マンション(茗荷谷駅前)

わが家は低層(5階)マンションの3階、自室からも空が見えるのが学校街のいいところで、永久の環境と思っていた。

茗荷谷駅前に「再開発」がやってきた。
相当以前からの計画だったらしい。

密集した住宅と商店を高層にして、隣接道路の4㍍を6㍍に、敷地境界に新規の8㍍道路(一般車禁止)を縦断させる。
植樹と憩いの広場も。

確かにさっぱりしてきれいになり、楽しみではあるが、わが家の視界はぐっと寂しくなってしまった。
冬至あたりの2ヶ月は、8時ごろの日当たりが、どれくらい減るだろうか…。

ビル出現前から、最上階(25階)出来上がりまでの思い出シーンを撮っておいた。

867 08、8、20

949 08、9、4

4314 10、2、23

4955 10、4、25

5658 10、7、05
25階の最上階が済み、屋上工事中。

来春3月竣工予定。

高層マンションは、周辺住民説明会等で着工は3年ほど遅れている。
基礎工事に1年以上費やした。
ビルは積み木のようで、どんどん進ちょく(工場加工)するのは動画のようだった。

トップに鎮座するクレーンは幼児にも人気。
『のりもの』絵本の「クレーンしゃ」ページを開くと、ガラス戸に、興奮して指さしが始まる…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブーゲンビリア

5825 9月6日5:45 護国寺
ブーゲンビリア

 境内の ブーゲンビリアの きれいきれい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

護国寺(早朝)

早朝散歩は、15分もかからない護国寺に行ってみる。

5819 9月6日5:34 護国寺本堂

本堂の雨戸が閉まっていたのは、初めて見る光景。

と、回廊にいた散歩スタイルの人が、その折戸を開ける。
中からは、寺の人がガラス障子を開ける。
決まった時間か、解錠の音でか、折戸側の散歩さんは3人になり、全部がすぐ開いた。

護国寺の6時の鐘は、いつも自宅ベランダまで聞こえる。
ゴ~ン!と何回か鳴る。
静かに流れる、穏やかな、いい音です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

消防車の絵

5814 9月3日 小学校の門脇に「消防車の絵」

こども達に人気の消防車、微笑ましい絵に見とれた。

まだ発音もままならない1歳から「ショウボウシャ!」と言い当てる。
そんな幼いシーンが、集まった赤いクルマに見えてきそう…。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園の灯

5808 9月3日5:22  播磨坂桜並木(中央)

 庭園灯ラインちらちら播磨坂
       亡き人たちの声のふくらむ

播磨坂は珍しい3列並木で、文京区の桜まつり会場になっている。
両側にマンションが並び、ロケにも人気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンゴジュ

5802 9月2日5:44 新江戸川公園外塀から
サンゴジュ

残暑厳しい日々、珊瑚樹は濃く色づいていた。

早朝散歩は、庭園が閉門中、それが一番残念…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫も熱帯夜

朝散歩2日目は、平常時コースの神田川(江戸川公園)まで行った。

最高気温(前日都心35.9度 今年11日目の猛暑日)を思うと涼しいし、日差しは届かず曇り状態が嬉しい。

5801 9月2日5:42 
芭蕉庵前の駒塚橋脇に、が伸びて眠っている。
まじまじ見ると、頭が上がり、目が明いた。

1匹だけの熟睡だったらしい、すぐ前の芭蕉庵前では、数匹の猫が餌に群がっていたから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アサガオ

5797 9月1日6:10 小学校植栽
アサガオ

 生け垣に立つ朝顔の青さかな 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝散歩

9月1日夕方のラジオ気象情報さん「…観測を始めた明治31年以来、113年間で一番暑い夏になりました…」

57989月1日
キバナコスモス

 まだ猛暑 真似て出かけた 朝散歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れそうです

例年なら、8月のお盆を過ぎると夏日が峠を越してくれ、あと2週間の、一辛抱の段階…だった。

わが家の3階ベランダのささやかな緑…は、面倒見に欠けた中、丈夫な数点が何年も変わりなくつづいていた。

今夏の異常猛暑で、それらが哀れな状態になっている。
年間咲きのゼラニュームが、まさに枯れそう…。
カネノナルキも、枯れそう…。

5794 8月29日

元気印は、マツバボタンとトウガラシで…直射日光に (o^-^o) です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »