« アカボシゴマダラ | トップページ | 熱帯夜… »

胎毛筆

5821孫の胎毛筆が出来上がってきた。

それは、赤ちゃんの生まれたまんま(散髪せず)の頭髪を筆に加工してもらうこと。

孫の場合、毛は薄くて、かさばらず、生後2年も過ぎてからだと思う。

昔、聞いたこともなかったが、いつごろ始まった縁起物だろうか。

|

« アカボシゴマダラ | トップページ | 熱帯夜… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

胎毛筆、立派に出来上がりましたね。
この筆を見るたびに「大事に育てられたんだ。」とお孫さんも大きくなられたら、思われるでしょうね。

今日七五三の早期写真撮りに付き合った時、聞いてみましたら毛先は何回か切っているとのことでした。

投稿: がちゃばば | 2010年8月22日 (日) 23時32分

がちゃばばさん、こんばんは。
残暑が長引くようでがっかりしてます。
東京は、熱帯夜が頑固に下がらず、昼よりつらいです。

お祝い写真も大変ですね。
うちは、2歳の孫1人ですので、今の私には見当もつきません。
そして、自分の子のときは霧の彼方になっています。

投稿: 高尾山 | 2010年8月23日 (月) 19時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胎毛筆:

« アカボシゴマダラ | トップページ | 熱帯夜… »