« ツルハナナス | トップページ | サクソフォン(須川展也) »

リスザル

新宿区の外科病院(夫の通院付き添い)の帰り道、前を散歩する犬スタイルが…、猿みたい。

6月26日 大京町(新宿区は、なぜか旧町名のまま)
付添いさんが立ち止まってくれると、彼?のすばしっこい動きは、猿だった。

「リスザル、9歳」とのこと。

目の前の茂み(クチナシの匂い)に飛び込む。

青虫、ゲット!

ガードレールにお座り!ぽきんと折って食べる、中のジュースがこぼれて…。

9歳にもなるペットが野性を失ってない、微笑ましい安堵を呼ぶ一コマだった。

5602 5603 5604

|

« ツルハナナス | トップページ | サクソフォン(須川展也) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。暑さを迎えてマツバボタン元気ですね。
例の我が家の越冬苗はやっと成長がみえて、分けつねらいで
芯摘みしました。蕾を楽しみにしています。
 護国寺のお墓のこと、思い立ったら即行動に若さを感じます。
昨日大施餓鬼法要に出席、去年に続きよい時間を過ごしてきました。方丈さんの年齢が去年より年配の人が多くなってましたが
それでも10人に余るお経の唱和は迫力たっぷりでした。
 

投稿: 川乗山133  | 2010年7月 9日 (金) 09時52分

川乗山さん、こんばんは。

昔、うっとりするバリトンのお経は、いまだに残っています。
その唱和(父子での、息子の方)が、大ぜいとは、良かったことでしょう。
厳しい修行に発声があるようで、オペラ歌手顔負けの美声と思います。

夏風邪でのどを痛め、きょうはコーラス遠慮(お湯準備に不衛生)しました。

投稿: 高尾山 | 2010年7月 9日 (金) 19時32分

 こんにちは。梅雨明け間近かな感じ、湿気の多い風が吹いて
うっとうしいですね。
 昨日の朝日にショクダイオオコンニャクが週末に咲きそうとあり。17日なら間違いなさそうだが、明日の墓参に合わせて行ってみようと思います。匂いがきついとありますね、咲きますように。小石川植物園。
 

投稿: 川乗山134 | 2010年7月15日 (木) 16時04分

川乗山さん、おはようございます。
お盆なのに…、あわててしまい、信心が足りなくて。
昨夜遅く?メールいれました。
昨日午後、上野の昼寄席へ。
気分が乗らず、1時間も経つと帰りたいやら、脚がむくむ感じやら…、休憩まででとうとう帰ってきました。
高齢の気まま、わがままで、娯楽、嬉しい事が変わる…、これって本人も気がつきません。

投稿: 高尾山 | 2010年7月16日 (金) 07時04分

 お暑うございます。思わせぶりな花ですね。夏休みに入ったので開花で子供も見にゆくかしら? トンボとチョウチョ、あの散歩みちですね。池にはカメもおよいでいましたね。
 日中は家居、早朝が貴重です。
 ようやくマツバボタンが咲き始めましたがクリーム色でちょっと物足りない。赤花を期待して待ちます。ギラギラ太陽には赤がいいです。

投稿: 川乗山 135 | 2010年7月21日 (水) 12時27分

川乗山さん、おはようございます。
きのうはやはり東京最高温36度以上に。
けさは、昨朝より暑いです。
世界的高温。南半球は、超低温…。地球がおかしくなってます。

マツバボタンは、暑いのが好き、丈夫でいいですよ。
ベランダの夏はコンクリート面から植木鉢には酷ですから。
それでもゼラニュームは咲きつづいて、気の毒のよう。

投稿: 高尾山 | 2010年7月22日 (木) 08時04分

 オオコンニャクに会えてよかったですね、行列のTVをみて心配していました。匂いがなくてなおよかったですね、きつい匂いだそうですから。8時間は虫を誘って、その後はその虫が飛び去って
受粉できるように花の状態が変化するとか。(少ししぼんで入りこんだ虫が出てゆけるように隙間ができる)自然にはかないません。
 猛暑そのもの、今夜も熱帯夜でしょう。 おやすみなさい。

投稿: 川乗山136  | 2010年7月24日 (土) 22時04分

川乗山さん、こんにちは。
きのうで猛暑日4日連続とか、今年が一番になりそう。
今夜の雨印は、畑にも慈雨になるでしょう。

近所のこととて、コーラス練習日の寄り道と、早めに家を出て…、と簡単に思った何人もが、あきらめて…、でした。
混むとは思いましたが、想定以上でした。

上から撮った、過去の外国等の植物園写真が思い浮かび、外側が平らに開いた様子のないのが、物足りなかったです。

投稿: 高尾山 | 2010年7月25日 (日) 11時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスザル:

« ツルハナナス | トップページ | サクソフォン(須川展也) »