« ニコライ堂景観 | トップページ | トンネルに入ったり出たり(鯉) »

オーケストラ団員

コーラス仲間のSさんはアマチュア・ヴァイオリニスト。
1年ほど前コーラス指揮を辞められた講師は、たまに「オーケストラが入ります」とユーモラスに言っては、彼女の♪を加える、そんなアットホームな雰囲気がとても懐かしい。

5273初めてSさん所属「モーツァルト アンサンブル オーケストラ」のコンサートに出かけた。
日経ホールは中ホール。

団員着席、舞台の薄暗いまま演奏開始、指揮者もいない。
ぽかんとしてると演奏(アヴェ ヴェルム コルプス?)は止み、舞台はぱっと点灯。
開幕ベルの代わりに鳴らす毎回行事とか…団員?説明(舞台上)。

Sさんの晴れ姿、こじんまりした舞台雰囲気なので、すぐわかった。
ほんとに素敵、身近な人の実力は嬉しい。

入場料¥2000を¥1000にしてくれたので、2枚もらい、夫を誘う。
アルト隣席のKさんも夫婦で出席だった。

|

« ニコライ堂景観 | トップページ | トンネルに入ったり出たり(鯉) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高尾山さん、おはようございます。
ご夫婦でのオーケストラ観賞でしたってね。
お友だちの方が演奏なさってらっしゃる、、、素晴らしいね。
ここ数年、クラシックなんて聴いていませんので羨ましいですよ。

投稿: peco | 2010年6月 3日 (木) 08時27分

pecoさん、おはようございます。
昔は、特にラジオ盛んなりし頃、音楽、うた、なんでも聴いて、好きでした。
30代に入ってからは、若い世代の音のギャップが肌身に感じられ、大昔のクラシックが優しく、気分良くなる、流行りでいえば「癒し」でしょうか、落ち着きます。

投稿: 高尾山 | 2010年6月 4日 (金) 08時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ団員:

« ニコライ堂景観 | トップページ | トンネルに入ったり出たり(鯉) »