« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

リスザル

新宿区の外科病院(夫の通院付き添い)の帰り道、前を散歩する犬スタイルが…、猿みたい。

6月26日 大京町(新宿区は、なぜか旧町名のまま)
付添いさんが立ち止まってくれると、彼?のすばしっこい動きは、猿だった。

「リスザル、9歳」とのこと。

目の前の茂み(クチナシの匂い)に飛び込む。

青虫、ゲット!

ガードレールにお座り!ぽきんと折って食べる、中のジュースがこぼれて…。

9歳にもなるペットが野性を失ってない、微笑ましい安堵を呼ぶ一コマだった。

5602 5603 5604

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ツルハナナス

散歩道の住宅街、3階の窓をふさぐほどに伸びた蔓性の樹木に白花が見事に咲いていた。
花の特徴でナス科と分かる。

5588 6月22日 民家
ツルハナナス

「ネットでは高さ2㍍に伸びる」とあるが、こちらのは3倍近い。

『花おりおり』…からまるつるは、とてもナスには見えない。葉はいくつも切れ込み、トマト似。花はジャガイモを思わせる。白花と紫花があり、夏から初冬まで長く咲きつづけるが、実は結びにくい

 白花のツルハナナスの咲きつづく
            壁面覆う夏場のツリー

6月24日 同家
改めて葉の形を確かめに寄る。
5600葉に切れ込み(花なし)

5601 切れ込みなし(花)

ツルハナナスは2本
径5㌢ほどの太さ。
2本の葉の形は違う。
互いの蔓がからまり、元をたどると、切れ込み葉の方には花(蕾)はなかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンボ異種番い?

6月も下旬になると、ぐるぐる回っていたトンボが、ロープ、石、枝に止まるようになっていた。

青いトンボと茶黄色のトンボが、ぐるぐる付かず離れず回る…。

6月24日 新江戸川公園
559313:09 交尾?

5598 13:10
中央に青
右下に茶黄色 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間は清々しい。

5501 6月15日 新江戸川公園
スズメ
浅い小川にしばしの憩い。

5542 6月19日 不忍池
シラサギ
水に立つ。

5578 6月22日 江戸川公園
アオスジアゲハ
水飲み場周りの、雨水が残る石畳が気に入ったよう、飛んでは戻るを繰り返す。

5573 6月21日 新江戸川公園
「六月の花嫁」さん、お幸せに! 

 庭門に金襴緞子のジューン・ブライド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキシキブの花

久しぶりの芭蕉庵、ピンクに近い薄紫色の小花、管理の人に聞くと、「ムラサキシキブです」…。
芭蕉庵にムラサキシキブがあったこと、気がつかなかった。

55156月16日 芭蕉庵
ムラサキシキブ
初めて見るムラサキシキブの花だった。

5586 6月22日 民家
コムラサキシキブ
ムラサキシキブの花を知り、こちらの花も見たことないので寄ると、同日はまだ蕾ばかり。
ムラサキシキブより、1週間ほど遅い開花だった。

小花の雰囲気、色もそっくり。
秋の、濃い紫の実も似ている。
樹形が違う。
民家には、枝垂れ型のコムラサキシキブが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くまんばちの飛行

こども音楽会に似合う名曲「くまんばちの飛行」♪(リムスキー・コルサコフ)の話ではなく、偶然画面に入った写真のこと。

6月21日 新江戸川公園 梅雨の晴れ間
5567 13:36
くまんばち?

春から大きな丸い蜂がぐるぐる回っていたが、この日、近くに来ての羽音は怖いほど。
また、花の方に行ってくれたり…。

556513:29
トンボ

白点が目立つトンボ、ここしばらく、他の池でも同種ばかり飛んでいる。

556913:42
ネジバナ、いつの間にかニョキニョキ…。

 ネジバナは拍手に立ったり座ったり 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタンクサギ(白山神社)

白山神社の「文京あじさいまつり(6月5日~13日)」は、気がつくと1週間前に終わっていた。

20日の昼前、往復と見物で1時間。
まつり提灯を積んでいたりの作業はあるものの、日曜日でアジサイ見物の人、団体さんが狭い参道を通る。

6月20日 白山神社55545556

5557 アジサイの小さい「お山」は、閉山。

5558ボタンクサギ
初めて見る花。
上を向いての小花は、撮るのに向かいの柵に上りやっと…、ピンボケに。

開花が見える蕾はまだ1つのみ。
あとは、まだ色づいてなかった。

ボタンクサギ 『花おりおり』…葉をもむと臭い。花は香りがよい。アジサイのように小花が多数集まり、10数㌢に広がる。花は径1.5㌢、下部は筒状

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カモメの幼鳥?

前日のつづき。

梅雨どきの不忍池、春に数え切れないほどいたカモメがいない。

5545 6月19日14:27
岸辺に見たことない鳥が…ぽつんと1羽。
顔がカモメに似ている。
カモメの幼鳥?
(春まで滞在するユリカモメは白い)

554914:38
カモメが群れで飛んできて、ぐるぐる大回り…。
が、着水(地)はせず、数分で消えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンゲショウ

不忍池(上野)のハンゲショウは、アジサイ見頃に半化粧になっている。

『花おりおり』…漢名の半夏生に由来し、夏至から11日目、暦の半夏生のころに白くなるのが語源。…

6月19日 不忍池
5541 5538 ハンゲショウ
茎上部の葉が半分白くなる。
盛夏には緑変する。

5547 アジサイ
装飾花が白、薄ピンク、薄青。
そして、中の小花もそれぞれ同色。

 梅雨の花 みんなそれぞれ 時代劇

5560 6月20日 

父の日の 焼き栗はじけ 柔らかく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色素のないヒコバエ(桜)

5526 6月16日
神田川桜並木の江戸川公園辺りの1本に、色素の抜けたヒコバエが3本出ていた。
葉脈もちゃんと桜の葉、なぜでしょう?
(きのこも、この辺りでは見ない)

あとは、普通の緑の葉が茂っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カシワバアジサイ

5527 5528 6月17日 31.6度(都心) 
小平霊園参道
カシワバアジサイ 

姉の命日ころは、カシワバアジサイを見るのが楽しみ。
参道に2ヶ所のみ、霊園内(通る範囲)に見ない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さくらんぼ

梅雨時にとれるさくらんぼ、名も愛らしい。

5510 6月16日 

 今は亡き みんなの顔の さくらんぼ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菩提樹

6月16日 新江戸川公園
5521菩提樹
古株からの新芽が生長、数本が2本に、去年は1本に絞られての初花だった。
 09、4、30投稿「菩提樹の初蕾」

手の届く枝には花はなく、上を見て満開を知る。

5524


菩提樹の小花揺れ揺れ賑わうも
       なお「冬の旅」バリトン浮かぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツバボタン

初夏から初秋まで5カ月も咲きつづくマツバボタン。

晴れが好きな一日花。

初年の種まき後、20年以上、前年茎と挿し芽で幾鉢か、悪い土壌なのに咲いてくれる。

5491 6月15日7:25 前年茎からの新芽鉢

 雨やめば 蕾ふっくり マツバボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイツリー

演奏会場のトリフォニーホール(錦糸町)は、駅バスターミナルから広幅の2列並木歩道100㍍ほど先に見える、エスカレーター(露天)を上がる。
そこは3階ほどの人工テラス(屋上)。
ホール入口プロムナード(建物内、壁なし)へつづく。

5490 エスカレーターからすぐの辺りが、スカイツリーの  だった。

6月13日13:36
目の前に大きく立ち上がるがる感じに、面食らった。
(押上~錦糸町は1.4㌔ほど)

文京区役所25階展望からとは、がらっと違う。
休日は観光客?で賑わう様子…新聞で知って、?だったが、少し了解。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オカトラノオ(芭蕉庵)

オカトラノオの花期は短く、毎年変わる。
身近なところでは、神田川沿いの関口芭蕉庵で唯一見られる。

芭蕉庵の休園(月、火)、雨、用事がつづくと、あっという間に1週間置いてしまう。
少し早いかなと思いながら、12日に寄った。

5480 6月12日12:59
オカトラノオ

ラジオ 6月14日23:00~

 日本 サッカー 「一点先制!」 みみ 冴えて 
           分かんないまんま ラジオ聞き入る

15日朝刊、写真入りで「日本 白星奪取」の横タイトルが、1面に踊る。
サッカー W杯 2010 南アフリカ大会 日本 1対0 カメルーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アジサイ開花日

6月11日のラジオ、「前日、東京でアジサイ開花…、開花日は、ガクアジサイの中央の小花が開花した日です…」

1週間前から手毬型アジサイの満開、ガクアジサイの装飾花の満開を見ている。

5470 6月11日 歩道に個人植え 
中心の小花開花(前日?)半分近い。

5471 6月11日 民家
大輪

5473 6月12日 民家
純白

5483 6月12日 新江戸川公園
装飾花(ピンク)が4つ、大きい。
木はまだ小さく、花は1つのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居東御苑(花菖蒲)

皇居東御苑(月、金曜休み)は、フリー、歴史、静寂…で老若、外国人とも大人気。

6月10日
5444 ヒメギキョウ 大手門角(内堀通り)
直径5~6㍉
橋の手前の小さな芝生に、たった3本。
(ネットの野草一覧)

花菖蒲田は大手門から近い二の丸庭園にある。
手前は、貴重な雑木林、細い遊歩道は涼しく、快適歩き。
当日は夏日、近いこともあり、その辺りのみでUターン。

雑木林

フタリシズカ 2本以上のもあった。花は、終わりらしい。

雑木林を出ると、ぱ~っと花菖蒲の色が湧きあがる。 12:12

アサザ 1日花 午後は閉じ始める。 5454

5459
5466 サンゴジュ
大手門近くの生け垣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カルガモ赤ちゃん(菖蒲田)

前日のつづき。

カルガモの赤ちゃん、初めて見る実物だった。

後楽園内をぐるぐる巡り、再び花菖蒲田に戻った時、低い土盛りを小さなよちよち歩きが、人・人の足元から見えた。

6月8日
5408 5409 10:45
菖蒲田~遊歩道~小川を越えて~別の菖蒲田、ぐるぐる歩きと泳ぎは、繰り返され、つづく…。

5419 10:48

5431 11:37

途中、また内庭へ回った時、2人づれの女性に告げると、新聞で知り「赤ちゃんを見に来た」と。
こちらは、花菖蒲を見に来ての偶然と言うと、「花菖蒲は知らなかった」とのこと。

そして、「赤ちゃんは11羽、6月1日生まれ」と教わる。

けさ(12日)川乗山さんからの受信抜粋
P60901466月9日13:57
我が家のアンズの木にハトが巣づくりして卵を抱いている所です。
 ベランダから見ると眼が合うくらいにみえます。布団も静かに叩いて 驚かせないようにしています。…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後楽園(花菖蒲、睡蓮)

前日の夏日から数度下がる曇天、後楽園の花菖蒲散歩にちょうど良い。

傘を持たなかったら、数分後のバス下車でわずかに降ってきた。
が、止んだり、ちらついたり程度ですむ。

53896月8日
花菖蒲は見ごろ。

5392隣に田んぼ

5426 5424 スイレン 内庭
池半分ほどに広がる睡蓮は、花菖蒲と共に見られ嬉しい。

5442 出口近くに、野趣あふれるホタルブクロ(ぴんぼけ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清澄庭園(生きものたち)

前日のつづき。

清澄庭園は案内平面図で見ると、池が大きな面積を占める。
島が4つ、うち2つは渡り石や橋で行ける。
そんな環境が生きものに人気らしく、彼らとの出会いが花菖蒲見物の楽しみになる。

6月7日
5346 ムクドリ
花菖蒲田に接する芝生広場、数羽ずつ群れては散歩。

5362 アオサギ
伸びをして…毛づくろい?

5375カイツブリ
サイズは鴨の半分以下。
浮いているより、潜水の方が長い気がする。
思わぬ離れた方に、ひょいと頭が出る。

5380 トンボ
池の上を数匹ずつ大きく回る、高く、低く、どこにも止まらない。
なぜか石の角に止まる、まぐれで撮れた。

5382 カワウ
水から上がりたて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清澄庭園(花菖蒲)

6月上旬の花菖蒲巡り、初めての7日は遠い清澄庭園にする。

去年mahoさんのコメントで知った「ハナキササゲ」(最近の植物園デジブックにも)は、蕾も花もなかった。
今年は咲かないらしい。(受付にきくと「去年は6月上旬に咲いた」)

6月7日
5345 5344 花菖蒲田は橋を挟み2ヶ所。
早咲き田は満開。
あとは1割咲き。
ずれ咲きは菖蒲田が長く楽しめ、無駄足がなくていい。

5381


 浮き花の サツキ麗し 筧かけひかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純氷まつり

「2010 東京 純氷まつり」 (上野公園噴水前)
6月6日 11:00~16:00

あの懐かしい「氷屋の氷」が主役だった。

533411:46
昔は誰もが見知っている氷屋の「氷室文字のドア」。
その特大氷を縦に並べ、彫刻2会場の柵になっていた、うわ~豪勢!

5335 11:49

534012:02

1時過ぎに通ると、柵氷(作品保存で追加)の長々曲線で、通せんぼされ、楽しい迂回。
そして、氷彫刻はほぼ完成。(電切れで写真なし)

5336 11:50
氷のビールジョッキと缶の記念撮影。
カウンターも氷。

5338 11:57
基本の氷柱、PRの迫力あり。

当日は夏日、氷まつりの適温、かき氷屋さんも大繁盛。
雪あそびコーナーでは、雪製造パイプが勢いよく降らせていた。

 主催 東京氷卸協同組合…パンフより

氷屋の氷
純氷(JUNPYO)とは

純氷は衛生的な工場でアイス缶製法により、長い時間をかけて作られた氷のことです。
念入りに、ろ過された飲料水を原料に、48時間もの手間隙をかけ、不純物(カルキ、カルシウム等)を含まない、純粋な氷のみを純氷と呼びます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蝶よ 花よ」と思うのに、初夏の花々に止まらない、ぐるぐる飛び回る蝶…。

53006月3日13:42 
神田川遊歩道
遊歩道に伸びる蔦の葉に止まった。

53136月5日13:19 
新江戸川公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高木のヤマボウシ

6月5日 新江戸川公園5307
5305
ヤマボウシ
…仰ぐと、高木は満開だった。

 青空や 満開だった ヤマボウシ

5309 5308アジサイ
丈の低いアジサイは、早春の新芽から蕾誕生まで見つづけられる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

通り抜け

5295弥生美術館は初めてなので、素直?に不忍通り根津バス停下車。

帰りは根津バス停(8分)に回らず、美術館前の東大弥生門にお邪魔し、春日通り方向への通り抜けにした。

門からその方角は附属病院地帯。
通院向けの構内バス(御茶ノ水~構内)が通るほどで、自由に歩ける。

529252936月2日
通院の癒し?
さまざまな廃品利用の花コーナー。

5294馴染み?建物を過ぎると竜岡門はすぐ見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルに入ったり出たり(鯉)

川にも日差したっぷりの晴れだった。

5月31日 神田川
大きな排水口に紅い鯉が入りたい様子。
用事があるのだろうか、排卵?

5279鯉が入った!

5280 出てきた

5282 横向き

5283 再び方向転換
一周した

対岸フェンスから紅色鯉の窪み遊泳が見えた。
が、写真には仲間の黒も写っている。
小さな群れ行動だった。

きょう6月4日、新首相誕生する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーケストラ団員

コーラス仲間のSさんはアマチュア・ヴァイオリニスト。
1年ほど前コーラス指揮を辞められた講師は、たまに「オーケストラが入ります」とユーモラスに言っては、彼女の♪を加える、そんなアットホームな雰囲気がとても懐かしい。

5273初めてSさん所属「モーツァルト アンサンブル オーケストラ」のコンサートに出かけた。
日経ホールは中ホール。

団員着席、舞台の薄暗いまま演奏開始、指揮者もいない。
ぽかんとしてると演奏(アヴェ ヴェルム コルプス?)は止み、舞台はぱっと点灯。
開幕ベルの代わりに鳴らす毎回行事とか…団員?説明(舞台上)。

Sさんの晴れ姿、こじんまりした舞台雰囲気なので、すぐわかった。
ほんとに素敵、身近な人の実力は嬉しい。

入場料¥2000を¥1000にしてくれたので、2枚もらい、夫を誘う。
アルト隣席のKさんも夫婦で出席だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコライ堂景観

御茶ノ水の眼科は高層ビルの19階で、駅周辺景観のあれこれは少々の鳥瞰気分にしてくれる。

5271 5月29日
眼科隣接のニコライ堂

日本キリスト正教会の東京復活大聖堂
石造の重要文化財(1962指定)としては最も古い物(1891竣工)
コンドルの設計
日本最大のビザンチン様式建築物
大震災(1923、9、1)後修復

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清々しい早咲き

前日より5度高い快晴(21度予報)。

5月31日 新江戸川公園  
久しぶりの日差しに一番花がきらきらと初々しい。5274

キンシバイ

5275
アジサイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »