« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ヤエドクダミの半化粧

ドクダミの花が咲くころになると、散歩コースの戸建て庭に広がるヤエドクダミが、とても楽しみ。

5266 5月29日 小日向

ヤエドクダミは、咲き始めのころ半化粧になる。

間もなく緑の葉になるのも、半夏生(ドクダミ科)が盛夏に緑変するのと似ている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラス会

5月27日、東京は平年並み気温。
年1回のクラス会がめぐってきた。

5255 「新宿中村屋、12時開始、安い会費」でつづいている。

残念ながら出席者が少ない。
訃報や体調理由は、高齢クラス会の哀しさ。

少人数でも席は番号籤で決まる。
2時間プラス1時間(同会場でケーキ・飲み物)の延長も恒例。
同年齢のおしゃべりと    で、和む3時間半はあっという間に過ぎる、やはり大切なひとときと分かる。5257

級友の割引券のおかげでお土産(月餅)までついた、感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バンマツリ

前日投稿の2色を持った花の名?にmahoさんからコメントいただきました。

名前は色々ありますよ
バンマツリ、ニオイジャスミン、アメリカンジャスミン(下田、了仙寺がジャスミン寺で有名です、ペリーが下田に渡航した時持ち込まれたとか)。
花が開花後薄紫から段々と白に変わって行きます。かおりもいいですよ…

ありがとうございます。

5251 5月26日 千川通り(文京区)
バンマツリ
青紫~薄色~白が並んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2種の色が咲いてる低木

52505月26日 
千川通り(文京区)歩道に、2色の彩りがぱっと目立つ、1本の低木が目に付いた。

5254ニチニチソウに似ている。
白花に青紫が1割ほど混じる。
クチナシに似た匂い。
花の名は?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地デジアンテナ

08年11月下旬テレビ購入時から、古い室内アンテナのまま…我慢してきた。

5月19日、快適を求め、購入店(ビックカメラ)に出向く。

23日、見積もり(工事会社)来訪。

25日、アンテナ取り付け工事。
524614素子UHF取付 ¥15000
配線工事       ¥3000
BS端子取付      ¥700
消費税         ¥935

BSも調子悪かったが、全局「普通」の状態になった。
1時間もかかった工事、夫婦で「安い!」と喜んでいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヌマヒノキ

24日投稿「ヒノキの花?」に、がちゃばばさんからコメントいただきました。
面白い花みたいのは、ヌマヒノキの球果のようです。ヌマヒノキで検索してみてください。花は、葉先に咲く紫色の小花だそうです…」

嬉しいコメントありがとうございます。
「ヌマヒノキ」紫の小花と球果の写真のURLです。
http://blog.coniferjp.com/northamerica/68/

5月25日 小日向 花壇 ヌマヒノキ

5242_2 球果サイズは、24日投稿写真の3分の1。
これからサイズは成長。

5241 この1粒は少し紫っぽい、できたて?

5239球果は全体に少量。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つかの間車窓(東京地下鉄)

4,5週置きに地下鉄丸ノ内線で通院(夫の付き添い)、迂回線路(27分)の行程は、駅もやんなるほど多い。
その間、地下線路からぱっと窓外が開ける3ヶ所がある。

四ッ谷3丁目駅~茗荷谷駅間
5月22日5224_2
四ッ谷 

5225御茶ノ水

5227後楽園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒノキの花?

5222 5月22日 四ッ谷 鉢植え
ヒノキ科の葉に、薄黄緑の花が満開。
小さなヒノキは、「この花、見て~」と呼んでいる。

花の形はまだ蕾?
この花から「ヒノキの花粉症」は考えにくい。
では、なんの花?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カワウの番い 2

5217 5218 5月20日13:18
神田川駒塚橋近く 
しとしと降りつづく小雨(2時ごろ止む)。

  雨の降る羽広げ合うカワウ2羽

 3月29日投稿「カワウの番い」

522013:38 新江戸川公園
カルミア
蕾は、ピンクではなく紅色。
開花も、散歩道宅より10日以上遅い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座敷箒

掃除機は、50年前から掃除用具の主役になり、今は“座敷箒使いません”のお宅も多いと思う。

10年ほど前から、掃除機(主流の広口)を使いだすと腰痛になり、止めれば、ぱっと治る。
間隔?をあけてのたま~の掃除ながら、和室の箒使用で少し助かる。

箒はず~っと重宝していたが、品質が悪すぎる。
いつの間にか、箒屋は消えていた。

今はいい、ネットで探せた、京橋の「白木屋傳兵衛」。

5212 5215 5月19日、予報より早めの2時過ぎにはポツポツ降ってきた。
雨降りの店に、お客もポツンポツン。
そんなスペースに、静か~な箒の雰囲気がいい。
決めていた中(¥10500)を買う。

前日投稿「この花の名は?」に「姫ヒオウギ」とmahoさんから教えていただきました。
いつも、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この花の名は?

5月18日 神田川遊歩道
5209_2 5210_2 花サイズはニワゼキショウと似た感じ、葉は少し太め。
2種、色違い。
6枚の花びら、片側3枚に濃い紅点。

日差しでピンクは白く、紅色は薄色に写っている。
ぴんぼけ(;ω;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラが咲いた都電沿線

今週になると、最高気温予報に夏日が入ってきた。
すると、瞬く間にバラは満開…になってしまう。

東京に唯一残された都電荒川線は、大部分は専用軌道で、江の島電鉄の線路にそっくり…。
主に荒川区内沿線にバラが植えられている。
ボランティアの人たちの丹精でバラは広がり、新聞記事に出たり、カメラマンも集まる…。

5月18日5195 9:12 5199 5207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日の浅池

5186 5月17日13:53 江戸川公園

 池水に平和が戻った月曜日
       蛙泳ぎのオタマの学校

5190 5月18日朝日朝刊
ブログ友pecoさんが、昨秋ころ紹介した「テスト80点以上の高校生にコロッケをおまけする」の岐阜県の肉屋の囲み記事が出ていた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ベニバナトチノキ

5188講談社野間記念館( 椿山荘正面通りに並ぶ)での横山大観展、いつも空いているので日曜日に出かけた。

小規模の美術館は行ったり来たり、回りっこも自由。

休憩室に出品案内TV映像と椅子・テーブル数セット。
ガラス越しに庭景色が広がる。
延長のテラスにも、同セットが4つほど。

久しぶりの平年並み気候、テラスに誘われ、数人が座る。
私たち夫婦もガラス戸を出る。

5167 5168 5月16日13:34
高木に紅い花がいっぱい、ベニバナトチノキと札。

5177 ムクドリが芝生に群れている。
急に舞い下りたようだった。

帰りは、神田川方向へ左折し、永青文庫の前庭から新江戸川公園に入る。

5179前庭内の東洋風石くぐり門から見える文庫の建物。
この門から数㍍手前が、公園の丘陵トップとつながっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エゴノキ

51555月12日 江戸川公園
春の花が遅れている今年、そろそろかな~と見ると、江戸川公園のエゴノキは満開だった。 
木は小さめで、小粒の花に近寄れて具合がいい。
鼻を近づけたが、匂いは特になし。

5166 5月13日 新江戸川公園
こちらのは、見上げる大木。
白花が見える。

『花おりおり』…古くは実をつぶし川に流して、魚を麻痺させ捕獲。果皮はサポニンを含み、泡立ち洗濯にも。

最近、クロアゲハがさ~っと横切るのを見ている。
516512:58
この日、エゴノキ近くの植栽に止まったが、仲間が来るとすぐ飛び上がってしまった。
日差しのいたずら?黒かったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ミカンの花

日常散歩の範囲でも、5本は見る夏ミカンの木。
花を見たいと思っているうちに、気がつくと小さい緑の実が出来上がっている。

やはり、花は初夏だった。
いつまでも収穫されないで、そのまんまのミカン、熟れすぎて落ちるだけの橙色の大粒、もったいないなあ、と眺める。
白い花が実と同居で確かめられた。

515951615月12日

別々の庭。

♪みかんの花が咲いている…♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオムラサキ(ツツジ)

常緑の歩道植栽、いつの間にか赤紫色のツツジは咲きそろっていた。
蝶と同名のオオムラサキ、CO2 にも強いようで、都心の幹線道路にも多い。

枯れ色で残る花は植栽に多いが、高い位置での花は、風のいたずらか、鮮やか色のまんま、がくから離れ、地面に、川に“ポトン”と置かれる。

51285月10日
崖上の民家

5月12日
繁茂したツツジは、遊歩道植栽から溢れるように神田川に下がる。

     シャクナゲ(ツツジ科)5144

5162 5147 5143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野草の雑草化

つい数年前まで少なかった?ナガミヒナゲシヒメツルソバショカツサイ…は、いやになるほど道端等に群生してきた。

初夏になるとドクダミが植栽に入り込み、主が入れ替わるほどに繁茂する。
そして、小さなヒルガオは植栽から伸び上がる。

  5月3日9:345046
ビオラ 

5045ペチニア

丁寧に育てられる園芸種なのに、隙間草になる不思議。

5月10日
5133ドクダミ 新江戸川公園
小川の中にまで。乾、湿、適?

5141 ヒルガオ

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

次々季節花

前日歩いた散歩道、きょう?開花とも思えない発見は、目立つところ、目立つ色なのに…と思う。
季節の移ろいの花々、1年ぶりの懐かしみ、がある。

5129 5月10日 江戸川公園
ムラサキツユクサ

51275月9日 新江戸川公園
キショウブ
池淵に何カ所か小さな群生、咲いたり、蕾が大きかったり。

51365月10日 新江戸川公園
ニワゼキショウ(アヤメ科)
1本見つけた!と思っていると、次々小花がツンツン立っている、芝生に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩道の花

北海道は春と初夏の花(桜、ツツジ)がいっぺんに咲く、と聞いていた。

今年(東京)のGWは、遅れた藤が満開になり、中旬が多いユリノキが咲き、ハンカチノキは平常通りGWにと…、あっという間の花の追いかけっこ、見るのも慌ただしい。

日常散歩コースの、覚えのある花々、3日見ぬ間に花盛り…。

50885月5日 民家
紅いドウダンツツジ

5122 5月9日 民家
カルミア
『花おりおり』に、…いわばアメリカのツツジ。

51215月9日 民家
ジャスミン
横道を一つ曲がるとぷ~んと匂う。
匂ってから  、増えてきた人気花。

51235月9日 新江戸川公園
ホオノキ
高木のせいか、固い蕾と思っている間に、開ききっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユリノキ(教育の森公園)

自宅から3分の教育の森(旧教育大)は、夏日の朝散歩に向いている。

写真(博物館のユリノキ)の葉型に覚えあり、教育の森の落ち葉だったと思い出す。

園内にユリノキ並木(筑波大の1%以下)と、別に何本か。
花も付けていた。
高木と若葉が先に伸びて、意識しないと歩行者は花に気付かないかもしれない。

5月9日9:255118 5120 5117  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんじゃもんじゃの木

なんじゃもんじゃの木は、簡単に見かけるほど多くはない。

5110 50245月1日13:32 御徒町公園
まだ、薄緑っぽい花だった。
本来は「雪をかぶったような…」と形容される白。

5111 5112 5月6日14:26 

博物館の帰りに寄ると、見ごろだった。

 09年4月27日投稿「ヒトツバタゴ(明治神宮外苑)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユリノキ(東京国立博物館)

5097 5月6日、「細川家の至宝」展(博物館)へ、平日を待って出かける。

この永青文庫コレクションの東京永青文庫は、日常散歩コースの新江戸川公園と地続きで、庭木戸は相互に自由開放されている。

戦国時代の名ある武将の直筆書簡等多々は、小説、ドラマで馴染みの筋書きが重なり、面白い。
大河ドラマでも、ダントツ人気の戦国時代は、分かりやすい娯楽から入った知識。
とかく忘れてばかりの記憶力も、一瞬冴えました。

ユリノキの開花も、平日6日に期待。
ここ数日の日差しと初夏陽気のお陰で、咲いていた。

5102 5107 5103 5月6日
13:47 

ユリノキ

  強風に大木揺れて定まらず博物館のユリノキ満開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オタマジャクシ、鯉

江戸川公園浅池に湧いたよう見えるオタマジャクシも、休日はまるでいない。
子どもたちが苦手?
2月から見え始めたオタマジャクシ…、形の変化がないまま。

5038 5月2日12:57
1匹いた、足が見える。

5067 5月5日14:24
数は少ないが、みんな足あり。
すばしっこくて、カメラが間に合わない。

50415月2日13:49 神田川
雨降り後以外は、川の水が澄んできた。

 鯉映る 水澄む川の ゆたかさよ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

マツバギクとマツバボタン

今春の花は3月、4月の低温、晴れ不足で平均遅い。
5月2日朝、2つのマツバが同時開花

午後、はっきり開く。
50425月2日14:32
マツバギク

50435月2日14:32
マツバボタン
越冬茎から開花。

越冬茎からの新芽を挿し芽(4月上旬)したが、やや失敗(低温)。また、挿し芽する、元気(高温)。
初夏になれば、挿し芽が越冬茎を追い越すと思っている…。

50905月5日15:14
マツバギク

亡姉から20年以上前に、プランターで3本貰う。
2本枯れて、1本は少量ながら蕾あり。

挿し芽でで増え、友人や仲間にわたって…、その子孫繁栄力には参るほど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フジ(小石川後楽園)

今年は藤の開花が遅れており、みどりの日(都立公園フリー)は見ごろだった。

5051 5月4日11:42

5053カキツバタの3色が咲いており、藤との同画面が撮れた。

アヤメ科はややこしい。
手前の花菖蒲田の葉は、まだ若かった。

5055 大道芸

50583羽、寄るように近い。
各自、ご勝手ポーズ!

後楽園に来たもう1つの目的、カワセミは見えず、だった。
夫を誘ったのもカワセミ理由…、浅はかでした。

池淵に、カメラマン(望遠レンズ)が2人いる。
「カワセミを待ってましたが、いません。もう1週間カワセミはいないです…」

当日撮った燕の飛び姿を画面で見せてもらった。
本人も気に入っており、形がいい。

カワセミの写真束を見せてくれた。
どれもこれも動的な決定的瞬間。
やはり、連続写真だった。

「気に入ったの1枚、どうぞ…」
迷いながらも、ピンと来た1枚(からだを伸ばし、羽は上、目は幼児がすねたときそっくり、しぶきの水滴大小が飛び、うっすら紅葉が何枚か…)にする。
思いがけない贈りもの、ありがとうございます。

次々、人が4人ほど来て、同じように気に入った1枚…。

冷蔵庫扉のエゾユキウサギ(友人から)に、カワセミを並べた。
可愛いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フジ(大塚公園)

5048 5月3日9:45 大塚公園
春日通りに面する洋風藤棚

 バス窓に諭され気づく近い藤

戦後も落ち着いてきたある日、母から聞いたこと。
「…その行列は大塚公園(戦死者合同葬儀)に向かうところ…」

私が見た葬列は、S18年だったと思う。
(以降は戦争犠牲者は増えていった、名誉の葬儀どころではなかったと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真帳

50342週間前の日帰りバス旅アルバム(8枚綴り)、Sさんの手作りで立派な作品になった。

雨天なのに、まるで明るい曇り日に撮れている。
「写真とPC技術で明るくなる…好きなんです(アルバム作り等)…」
すごい技術、みんなに喜ばれ、なんと素敵なこと!

503205年親戚の会で、来賓の福祉の方から姪の日常シーンの1ページを贈られ、愛らしいショットを居室に掛けた。
当日の午餐シーンも撮られ、後日贈られた2ページ写真帳…、いつの日か自分でも作りたいと憧れていた。

5033 08年秋、区と拓殖大提携の「ワード講座」を募集。

講師編集のプリント冊子と教材PCは「7ワード」ではなかったが、孤軍奮闘の末、なんとか孫の初記録1年分が出き上がった。

写真、懐かしいものから気の重いものになり、沖縄や京都旅へもカメラを持たなくなっていた。
2年半前、PC買換えでデジカメ購入。
そして、写真帳製作を知る。
嬉しかった。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンカチノキ

先日はまだハンカチらしい白が下がってなかったが、1週間後の5月1日、ハンカチはできていた。

5月1日14:01 文京区立礫川公園5026 5027

小石川植物園のハンカチノキと兄弟のように育てられた。

育ての親の山中氏~(幸田文…留守で青木宅へ仮植)青木玉~礫川公園(02年12月)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新緑

自宅から3分の教育の森公園(旧教育大)は、小さな散歩向き。

5018 4月30日9:52 占春園(筑波小教材園)

 うっそうと重なりながら若緑

5019

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フラワーカーペット(銀座)

銀座のみゆき通りを富山県産のチューリップで彩る「フラワーカーペット」。

29日午後限定のイベント。
球根を太らせるため、栽培途中で切り取る花首有効利用になり、毎年の恒例行事。
県内で昨年、約3千万個の花首が切られたが、花首として出荷されたのは約200万個しかない。花びら染めや押し花、お菓子の材料などにも利用されているが、ほとんど廃棄…

4月29日14:00 50055006

      5007 5009

5017

ジャンボ西瓜(黒部西瓜)

当日、近くの小学生らボランティアが図案通りにまいた。
強風は午後もおさまらず、風当たりの強い山手線寄りカーペットははがれていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »