« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

フジ(亀戸天神)

亀戸天神の藤は、交通の便がいいらしく、混雑度がすごい。
休日やGWは、自由な足運びは無理で、周囲のあんばいでかすかに移動?する。

今年は開花が遅く、見ごろはGWに入る。

なんとか平日と思い、前日からの雨が昼に上がる予報を当てに、28日午後と決める。

昼になっても降り続き、止まぬまま、1時に出発…。
自宅からバス1本。下車7分。

参道の屋台はシートにくるまれ、商売中止。
出張売店は船橋屋のくずもちだけ、売り子が叫んでいたが、雨で客は来ない。

早咲きは満開も混じるが、全体にあと4日ほどかな…。

平日の  でも、藤見客は来ている。
傘をさして、あっちこっち動ける自由はありがたく、雨の中、来てよかったと思った。

4月28日14:07
4987 4989 4992 4990

4993 近くの船橋屋甘味処も、さすが誰も並んでいない。
と、中は満席。
数分待った。

1人で喫茶?に入るのは何年ぶりだろうか。
帰りのバスは  しながら健やか気分…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

地下鉄で寄り道

4月26日、晴れ、19度予報。

サントリーホール窓口にチケット受け取り用事をつくり、~歌舞伎座写真~日比谷公園の寄り道を決めた。

4964先日のパールマンの新聞広告、 サントリーホールなのにマチネーがあり、嬉しかった。
曲目が決まり、チラシを貰う。

4965 ホール前の広場

数年前は毎年11月上旬、屋上の層に連なる緑を特別開放(普段は会員のみ)。
この人工広場からつづいて、その庭園に行ける。

六本木駅から東銀座駅へ。

歌舞伎座前は人・人・人…、横に列もできている、半端な時間なのに。当日?立ち見?
改築のため4月で閉館、群衆心理とで大繁盛。

亡き友人が茨城に越してから、私は10年近く中に入ってないが、空き席を見ているので、華やかな音曲世界の浸透は嬉しい。

4969 4975 4月26日14:20
向かい側道路に渡ると、カメラマンがいっぱい。
皆さん同じ目的、上天気にゆったり雰囲気…。

その道路を15分ほど戻ると、日比谷公園。

4979 14:57
円い芝生の中央に芝桜…、見ていると、小鳥が2羽す~っと同時に舞い下りた。
歩くのが好きな鳥、ムクドリとすぐ分かる。

馬の水飲み
開園(M 36年)当時の必要が、お伽話のように思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジ開花(新江戸川公園)

日曜日午後、孫が来て…のひとときが済み、3時になっていたが、体がさっぱり感を要求…、新江戸川公園まで散歩する。

去年よりフジ開花は、遅れている。

4960 4月25日15:52 新江戸川公園

ノボリフジ

4日前は淡い色だったが、ぱ~っと濃くなっていた。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鴨の昼寝

4月24日、晴れ、昼間は16度。

占春園(教育の森公園内筑波小教材園)の低地に、小さな沼がある。
見た感じは、湿地の水たまり。

49524月24日14:51
キショウブが1輪、ぱっと見に入った。
と、茂った菖蒲の手前に鴨が2羽。
同じポーズがつづく…、寝てる様子…。

水があって、沈まない所は、安心して休める…。

教育の森公園の人工池、占春園の池での2羽を見ているが、この沼は休憩所になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礫川公園(後楽園駅隣)

24日は通院日(夫の付き添い)。
帰りは、ハンカチノキの開花状況を見るため、1駅手前の「後楽園」下車。

区立礫川公園は、後楽園駅に接している。
ハンカチノキはホームから見える駅寄りに、ハゼノキ(サトーハチロー縁)と並んで植えられた。

ハンカチノキは、蕾は目立たず、ただの緑の葉に見えるだけ。
春の低温影響で遅れたらしい。(去年の26日は満開過ぎ?)

4945丘陵を背に段々噴水?

4946中段広場から、低地に建つシビック(文京区役所)。
25階展望ラウンジは一般開放されている。

公園のあちこちに満開の八重桜が見える。
ボリュウムのある八重は、葉が伸びても盛り…。

4947 丘陵型公園は、自然な形で、最上部の「東京都戦没者霊園」につながる。

めったに来ないが、ここはいつも人がいない。

終戦前のこと、都電乗車中、車掌が「忠霊塔前…」と説明(マイクなし、昔の日本人は声が大きい)、乗客は窓外に礼をした。
都電に乗ると数分の位置にあり、乗れば「……」、66年過ぎても(小3学童疎開以前)、その言い回しは頭にこびりついている。

今はない路面電車、目立つ停留所と線路は道案内の役をしてくれ、地理に暗い遠方客にも見当がついたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道端(隙間)野草

野草は、庭に植えれば意外と弱い。
が、住宅街や歩道の隙間から花をつけた野草が生えている。
種が飛んできて、芽が出て、花まで…。
手助けの嫌いな野草らしいな…と感心する。

隙間野草を選んで撮りました。

4月11日 イモカタバミ

わが家にも、29年前越してきてからず~っと居座っている。
3階ベランダの小さな花壇に、11月に芽が出て、12月~今も咲いている。
芋のような球根は、捨てつづけてもなくならない。
花壇上でいじるため、どの鉢にも極小芋のうちに潜りこむらしい。

4913 4月18日 セイヨウキランソウ

4939 4月21日 アメリカフウロ

49554月24日
スミレ

4933 4月21日 オドリコソウ

4934 4月21日 ツタバウンラン

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤマブキ

桜が散って葉桜が始まるころ、ヤマブキの黄色い花が輝きだす。

1本だったり、群生だったり、高い崖から枝垂れたり、誰もが知っているヤマブキ…。

白い髄、綺麗に細く現れて、嬉しかった遊びでした。   

4月21日
4915  民家

4938 八重 江戸川公園

4924占春園

| | コメント (2) | トラックバック (0)

図書館の棚 3

先日、図書館から「本が用意できてます…」の連絡電話。

4831

もう数ヶ月も前の話、mahoさんのブログに写真入りで載ってた『骸骨ビルの庭』上下宮本輝著、に刺激され、図書館に申し込んでいた。

特にどうこうない限り、近所の図書館棚の本を眺めては、借りている。
宮本輝は好きで、棚の本は全部借りてしまった。

新刊の貸出曜日があるらしいが、あまり関心がない。
特に読書速度が遅い今、順番(次々予約)に加われない。

久しぶりの宮本輝、彼の文は読みやすく、若い(私より)人なのに、すっと入っていける。

活字に接すると、眠くなる。
ますます遅くなる。
ちゃんと意識しなければと、心構え…。
上下2週間(予約があると延長不可)内に、十分読み終えた。
行数、ページ数に余裕、1冊分に納まりそうで、出版社の商売っ気…。

舞台は大阪、東京出身の主人公と語りは標準語。
彼(兵庫県出身)の小説の関西弁は好き。
関西お笑い芸人の言葉は、ほんとに苦手なんです。

 09、11、18投稿「図書館の棚」
 10、2、12投稿「図書館の棚 2」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャガ

シャガは春の庭園に群生し、花期は長い。

48174月11日 関口芭蕉庵

「古池や 蛙飛び込む 水の音」は直筆。

  句碑に沿うシャガ二本の景色かな 

4月20日 新江戸川公園 49204918

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の実

葉桜とモミジの若緑が、伸びやかな葉っぱになっている。

すると、早咲き桜の河津桜と寒緋桜が可愛い実をつける。

その小さなサクランボは、食用にならない(実験済み)。

4月14日 江戸川公園
4850 河津桜

4851 寒緋桜
食用不可は鳥も知っているらしく、熟れて落果する頃は、地面がつぶれた実で黒くなる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重桜と大きな鳥

4月18日、晴れ、久しぶりの平年並み。

江戸川公園入り口(音羽通り)近くの八重桜は、葉桜並木の中でピンクの枝を広げていた。

4896 12:51 江戸川公園

カラスが1羽さ~っと入り、止まる。
ピンクに囲まれた憎まれっ子が、可笑しい。

4912 14:23 同じ木 

上天気…歩き回っての帰り、同じ八重桜に、記憶にある「懐かしい形」が止まっている。
どうしたこと!ゴイサギ(見かけるときは神田川の梯子)が、お花見…してる。

親子づれが来た、教えると、またたくまに10人以上の輪に…。
私はすぐ離れたが、逃げそうもない鳥なので、まだまだ輪は増えていく?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜・葉桜・雪

4月17日早朝、ラジオ気象さんの「5:30ごろにみぞれを観測…」が聞こえた。

6:30 ラジオ体操で居間のカーテンを開けると、雪が降っていた。

4885 6:50 みぞれ 3階ベランダから。
上 、 葉桜
 雪

1969年4月17日から41年ぶりの雪。
8時には明るくなり、9時には日差しも。

48894月17日13:08 新江戸川公園
増水の池に鴨の番いが来ていた。
最近は、この池ではめったに見ない。

神田川の鴨はぐっと少なく、水も茶色。
帰りの川は、水量調整で、水は減っていたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南房総日帰り

4月16日、雨、真冬並み予報

コーラス会の日帰りバス旅で、南房総に行く。

当日の悪天候は3日前からの決まり予報、しっかり当たってしまった。

安房神社~南房パラダイス~野島崎灯台~ローズマリー公

4859 安房神社
八重桜は、どれもが木肌をがすっぽり覆い、しっとりする調和。4860 4861

4862 南房パラダイス
シンボルのマーライオン(シンガポール植物園と姉妹提携、シンガポールより寄贈)
温室のハイビスカスは年季ものの樹木状。
大漁刺身定食

野島崎灯台は、冷風雨で数人だけ下車。
私は灯台に上らず、隣の厳島神社に回った。
トンビが1羽、写っている。
海岸線バス窓に、大きな羽のトンビがしきりに飛んだ。私には珍しい光景。

4881 ローズマリー公園

「劇作家ウイリアム・シェイクスピアのテーマパーク」¥560(65歳以上¥800の3割引き)
生家等の再現説明……資料から設計を起こし、昔通りの材質、加工、組み立てをイギリスで終え、解体して日本へ運んだ(13年前)。

シェイクスピアの建物内調度、什器、等身大人形の家族、ミニチュア劇場(屋根なし)、舞台、楽屋等。

イングリッシュガーデンの散歩は、風雨であきらめる。

隣接に農産物直売所
トマトとネギを買う。
当夜、トマトの旨かったこと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜吹雪週 2

早朝(4月17日)ラジオ気象さん「けさ5時半ごろ東京地方でみぞれを観測しました。1969年4月17日以来、41年ぶり…」

48434月13日13:34 神田川

 鴨乗れば 天気図のよう 花筏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きなドウダンツツジ

4月13日、晴れ、初夏陽気

新江戸川公園
池に下りる途中、満開のドウダンツツジが目に飛び込んできた。
丈5㍍以上の大木で、見事なほど全ての枝に花・花・花…。

4834_2 全容

4835_2

4837_2 根元

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シジュウカラ 2

4月11日、晴れ、初夏陽気

桜吹雪は、風がなくても、ふわっふわっ、舞うようにゆっくり落ちる。
葉桜混じりながら、まだまだ花はついていた。

4814 4月11日13:07 新江戸川公園

シジュウカラが、桜の木に2羽も入った。
胸のネクタイがはっきり見える。

4828 13:40 神田川駒塚橋下

水辺の好きなシジュウカラ、2羽いる、トンネル?内にも。
小さな排水口からの濡れた壁に、花びら。

 3月13日投稿「シジュウカラ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人工池に鴨

教育の森公園(旧教育大)の入り口近くに、遊歩道を挟んで人工池(大理石製、循環水で淵は盛り上がっている)が2つある。

480048014月11日9:11
鴨が2羽いた。
珍しい。
逆立ち、餌はないのに。

4803 1羽、向かいの池へ行ってしまった、打ち合わせなし。

4804 追いかけ、低空着水。

4799
公園外側の桜並木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤塚植物園

前日のつづき。

赤塚公園大門地区ニリンソウ自生地~溜池公園~赤塚植物園

赤塚植物園は、野草を自然のようにケア、丘陵の主役のような存在は、ぐるぐる回りが面白い。

4月10日
ヤマブキソウ

ラショウモンカズラ

4783 ミツバチグリ

4785 葉の中でオタマは花びらと仲良く。

4786シロヤシオ 

4789 ホウチャクソウ

4796 帰りは、赤塚公園を通りながら。

キジバトが何羽も同じ範囲にいた。

普通の鳩は、混じらず、別のところに。

お目当てのムクドリ散歩には、出会えなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニリンソウ(板橋区) 2

都内最大のニリンソウ自生地(桜開花から2週間後)は、板橋区の都立赤塚公園からすぐの北斜面に広がる。

4月10日(土)、晴、19度予報。

一番手前の、オドリコソウ大群落も楽しみ。
オドリコソウ開花は、ニリンソウの2輪とも開花する見ごろ、に一致。

ムラサキケマンは、枯れ始めも混じる。
分布範囲は広い。
舗装の方にも、見た。

ニリンソウはちょうど見ごろ。4760 4764 4763

ニリンソウ見ごろと桜の花びら。

桜の散り具合は文京区と同じ。

丘陵を、道路側から越えると溜池公園。
4769 入口花壇、手前にニリンソウ。

4771 柳の大木が3本ほど。
柳の花を探す。
ほんの少し、数本の枝先に見えた。
がちゃばばさんのブログのように、全体に連なるようにではない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝶が飛んでいる。 
ぐるぐる、大回り、小回り。
やっと止まりそうと思ったら、仲間がふわ~っと飛んできて、またまた大回り。

4751 4月8日13:07 新江戸川公園

お仲間さんが来ぬ間に…1枚やっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜吹雪週

4月8日、晴れ、12度

満開から5日め、間をおいて、ぱ~とふぶく。
上も下も、空中も、桜・桜・桜…

4748 江戸川公園
浅池の花びらの下で、オタマジャクシがちょろちょろ泳ぐ。

 似ているね かたち オタマと 花びらと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若い芽

もう散り始めている桜、播磨坂の遊歩道も淡いピンクに染まる。

4746 4月7日9:42
足元をみると、根には元気なヒコバエが緑の葉になっていた。

4747 紅白の若木二本、花がいっぱい…。

見事な桜は老木になり、残念ながら枯れたりもする。
時折り並木等に混じる若木は、これからの力。

4684 3月31日13:00 新江戸川公園

池淵で、時折り新郎新婦撮影を見る。
この庭園では珍しい白無垢衣装…。
庭園奥へカメラマンが来たので、演出かほんものか訊くと…
「本物です」
若い二人、お幸せに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桜(播磨坂)

桜…満開かなと思っている間に、桜吹雪…、あっけない今週限り…。

播磨坂の桜は文京桜まつり会場(3月27、28日)。

4737 4月7日9:26 曇り時々雨 

3列並木が特長。
中央遊歩道は花びらのピンク。

4739 奥の小さい緑は、小石川植物園(4分)

4742


飛ぶ動く満開はしごの雀追い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神田川桜並木

池や川に沿った桜は、枝が垂れるように延びて、視界いっぱいに広がってくれる。

神田川桜並木は、音羽通り~面影橋辺りまで歩くと、ちょうど都電通りの歩道が桜並木と一致する。

4723 4734 4月6日
満開から数日たつ。
もう歩道はピンクの花びら、川は花筏が始まっていた。

早々と葉桜が伸びている木もあった。

4655 4650

3月29日(平均五分咲き)

桜と都電

五分咲き、満開、散り始めは1週間内の出来事、花見はほんとにせわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜(借景)

4720

4月5日、雨時々曇り、低温

  雨天だけ花見借景嬉しがり

(4日6:24)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜(皇居一周)

4月4日、曇り。

4721 11:01 
半蔵門土手、千鳥ヶ淵交番。
桜から奥は、千鳥ヶ淵公園。

4722 11:08 
千鳥ヶ淵公園から見た、半蔵濠、半蔵門。

人気の九段側千鳥ヶ淵緑道(TV放映される千鳥ヶ淵)より空いており、桜、景観も良い。

4726 11:35
北の丸公園丘陵から。
ボート乗り場は、濠の向かい側(緑道散歩は桜の土、日は歩行困難、混雑ぶりは丘陵から見えた)。
ベンチに空きあり、弁当タイム。

4728 12:13
枝垂れ桜並木

 花冷えや焼き芋なびく北の丸

東御苑入口(北桔橋門)に来た。
花見散歩は気分良く、ふたりは東御苑内への迂回に傾く。
意外にも、桜の時期の東御苑は初めてだった。

4732 12:25
ハナモモ
この目立つ桃の花に誘われ、説明文を初めて読む。

12:35
ミツマタ

夫は上野(前日)、皇居と花見つづき、腰痛と共歩き、時にふらつきながらもクリア!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桜(上野公園)

上野の花見は、去年から博物館「春の庭園開放」も加わり、いっそう楽しみコースになってきた。

4月3日、絶好の満開日和。 4701  

不忍池

4702 公園中央道

4718 大道芸(不忍池)

公園広場は大道芸スペースがとれず、小さな3つほど出ていた。

博物館庭園は、PRが効いて大賑わい。
3つほどの和風建物は、茶席貸切で、建物近くは禁止域。4710 4707 

近くのショウフクジザクラ(中写真)の花びらで、いたずら書きしていた。

上野花見の弁当タイムに、この庭園はゆとりがあってよかった。

本館 日本ギャラリー「桜めぐり」、桜並木のはしりらしい吉原の植樹絵の意外性、飛鳥山花見(18世紀)……があった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅白桃

ほんとうは「源平桃」と呼びたいところ…、毎年見に行く小石川の民家の桃、今年はくっきりと源平に分かれてなく、紅白が少し混ざっていた。
4687 4688 4691 4月1日

4685 3月31日 小日向の民家
花びらがくっきり紅白。
他の花びらは、白に細い紅線の混じり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日暮里・舎人ライナー

日暮里・舎人ライナー(日暮里~見沼親水公園)が開通して、3月30日で2年。

先日、そのモノレール駅「舎人公園」の桜の記事があった。
では、舎人ライナーに乗るチャンス!と満開時期を待つ。

4月1日
都立舎人公園は、郊外だけに広大な敷地。
公園案内所で地図をもらっても、夫と一緒では無理…。

…モノレール高架を挟んで、西側エリア、東側エリアと都内屈指の規模と美しい自然をそなえた総合公園…。

46904688 犬の自由散歩広場

ムクドリがちょこちょこ散歩。
小鳥の宝庫かもしれない。

近くの桜は幼木で物足りない。(H16年度から桜の森づくりで700本植えた)

2人での花見散歩には、選択の失敗。

2つ先の終点「見沼代親水公園」に行く。

ここは、もっと失望…。
食事処もなさそう。
延々と人工親水公園が細長く続くだけ。
駅前のコンビニで、CMで馴染みのランチパック(ツナサンド)、カスタードデニッシュ(大きいので半分こ)、牛乳を買い、親水公園ベンチに戻る。

散策なし、Uターン。

4699ライナーは5両連結、連結部分は広く、全体が1両の感じ。
自動運転(運転手はいない)。
前方窓から1本のレール。
次駅を出た反対車両が見える。

舎人ライナー「熊の前」下車、都電乗り換え。

4701 4703 飛鳥山公園に寄る。
桜は見慣れた古木がいい、ほっとする。

都電「大塚駅」下車、寿司ランチを食べなおし、元気?に帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタクリ(練馬区)

23区内に、カタクリの群生地がある。
「清水山憩いの森」は、練馬区の土支田2丁目バス停から4分。

清水山の開花案内は、“桜と同じ時期”と簡単明瞭。
開花条件は、午前中の晴れ日。

3月30日、晴れ、低温。

循環バスは、桜並木道路も通る。
5分咲きは、文京区と同じ。
では、カタクリにちょうどいい?

お彼岸ころからの低温影響で、昼近いのに花は寂しい感じ。46644666 4662

11:24

斜面広範囲の開花はなかった。

案内所にあった「お花見散歩まっぷ」の、清水山コース(2㌔)は、バス停までを少し迂回するだけ。

4667 清水山の下側は、白子川(神田川より細く、壁は浅い)と桜。

4672鴨が2羽いた。

番いだろうか。
他には、見えなかった。

1羽のシジュウカラが飛んできて、水辺散歩する様は、神田川とそっくり。
堆積泥に緑が生えて…、小さな自然で餌さがし? 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »