« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

高所作業

椿山荘(庭園開放)丘陵から、ホテル窓清掃の何人かが見えた。
こんな高所作業は、若い人が働く職場と、今更に気づく。

新築は除外して、不況とCO2 削減時代の今、大小問わずメンテナンス関連の需要が増えていく。
そんな中で、高所作業は若い人向きの専門技術扱いで広まれば、職業開拓になると思う。   

  春陽気高所作業もリズムよく

43512月25日13:09
椿山荘ホテルの窓清掃

4365 13:55
江戸川公園高木剪定

437714:21
住宅街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オタマジャクシ

江戸川公園浅池のオタマジャクシを、ず~っと待っていたのです。

4218 2月4日12:55
蛙の卵、ぶよぶよの塊が一面に浮いていた。
はっきりと黒い点・点・点…が見える。
間もなく孵りそうに思えた。

通る時はのぞく。
ぶよぶよは明らかに違ったものに交代している。
そのまま孵らないか、孵ってから消えたのか、さっぱり分からない。

4375 2月25日14:04
小さな1匹発見。

09、2、20投稿「オタマジャクシがちらほら」

  銀盤に十九歳の花が舞う確かな競いの瞳愛らし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒヨドリばかり

春陽気がつづいている。
さぞメジロが…と思っていると、いない。
暖かいの嫌いですか?

花に入ったのはヒヨドリでした。

4343 2月25日12:47 江戸川公園
寒緋桜
公園入り口(音羽)に2本並んでいる。
緋色になってきたが、まだ蕾。

4354 4356 13:12 椿山荘
河津桜
葉が目立ってきた。

関東に春一番…25日、東京都心では午後5時前に最大瞬間風速14.4㍍を観測。…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯島天神

2月23日、3月下旬並み予報に、いつもの昼散歩時間をそっくり湯島天神にする。

湯島天神は上野広小路からも近く、合格祈願もあって、近年の大人気神社。
初詣は、坪当たり売上?全国一、と推量(私たち夫婦)している。

4333梅まつりと晴天で、平日ながら境内は人・人・人。
期間は2月8日~3月8日。
まだ、小さな蕾もあり、梅見は最終日まで十分。

4331 小説(泉鏡花)の有名場面「湯島の白梅しらうめ」は、梅林では華やいだものではないが、それが梅本来の…らしさかな、と納得。

4319 大道芸(猿廻し)が出ていた。
高跳び(横棒を段々に上げる)の速度にカメラが追い付かず、撮れない。

休憩散歩?

4321 雪つりがないのに、「藁ぼっち」3つ以上。

4339 13:19
帰りのバス停向かい側の列は、ラーメン店。
車往来、信号停車で空っぽ撮り、やっと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

満員観客

近年、書く、描く、撮る、歌う、弾く、演じる…人が多くなった。
が、読む、見る、聴く…の観賞する人が減っている。

先日、上野の小さな昼寄席では珍しく満席、80人収容に90人以上の観客。
30人ほどの蕨市の団体予約が入り、椅子に予約用が載り、始まってから入場、にわかの熱気に包まれる。

4274 その日は、月2回の「立川流広小路寄席」。
噺家さんにも通じていたらしく、「蕨の…」と、噺に乗せ、満員への珍しい驚きがうかがえた。

高齢になると、読む速度、鑑賞意欲等弱り、大きなことは言えないが、プロの演者が気の毒になるような空席は、目立たない程度にふさがればいいなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジロひんぱん

このごろは満開の河津桜、白梅にメジロがかさこそ、入っている。
可愛い。
散歩の往復に、ついつい眺め入る。

4289 2月21日12:24 江戸川公園
河津桜

  蜜いっぱい河津桜のメジロかな

4293 21日12:43 新江戸川公園
白梅
この建物は耐震不備で使用中止。

4300 21日13:00
神田川桜並木

  冬並木ヒヨドリ入りシルエット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社野間記念館

この講談社の美術館は、音羽通りから目白通りへ上がると椿山荘正面口、その50㍍ほど先に並ぶ。

4284 今は富士山をテーマの展覧会。
先ごろ亡くなった平山郁夫の「暁春橘富士」が、1室目にデ~ンと壁を覆うかと思うサイズで迫る。
大観の富士目当てだったので、このおまけは嬉しかった。

パンフ…昭和3年大雄弁会講談社主催による「霊峰富士山大展覧会」に寄せられた、木村武山、川端龍子、川合玉堂、山口蓬春、土田麦僊といった近代日本を代表する「富士百趣

昔の富士をたっぷり見せてもらい、画家を魅了する富士山のすごさは、これからも永遠だなと分かる。

2月20日
4275 休憩室から庭。

徒歩5分の永青文庫前庭から隣地新江戸川公園丘陵へ、両庭のフェンス扉が開放され、近道になった。

4279 14:37 新江戸川公園

ビッグ寿司のランチ経由で調子良かった夫は、展覧会からもぞもぞSOS、最短コースで早稲田都電停へ。
4283
14:54 去年導入のレトロ車両だった。

 心身の良き日に思う文化かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広告より広告力(新聞投稿)

PCに詳しい人、慣れた人には何でもない記事かもしれない。
直接聞いたり、読みやすい投稿文で知る「初めて…」はほんとうに鮮烈。

先日の新聞投稿「スカイプで対面」は、知らなかった人が真似したいPC通信。

祖母さんの投稿は、シドニー滞在の息子一家から、孫の映像(庭、風呂場…)が日本の祖母宅PCへ送信される喜び。
長距離でも無料で孫に会わしてくれる」はすごい広告力と唸った。

4年ほど前、近所の知人(短大講師の中国人女性)宅でのこと。
小さな10㌢ほどの三脚にカメラが載り、PC近くにあった。
自分たち(彼女と高校生の息子)の映像を、北京の両親に送信する。
そして、両親宅にもカメラをセットしてあり、自宅で北京宅を見る。

4年たち、広く普及しているであろう「対面」、いまだにびっくり感の私、「便利で楽しい話」にただただ参った。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

泥団子

シビック(文京区役所)1階展示室に「職員展」とあり、寄ってみる。

珍しい展示物「泥団子」…。
光沢ある団子がたっぷり置いてある。
2月16日
4269 持ってよい見本。
ずっしり重い。
表面はツルツル。

4272土壁と同じ素材の粘土質の土、けい砂、藁でできています。
昔、畳1枚サイズの薄箱で左官屋がかき回していた…簡単に目に入った懐かしい光景。

4270 割った中味。

泥団子という言葉は聞いたことがあったが、少年たちの泥団子は、見ていない…残念。

4273 土絵

4267 生け花コーナーに、河津桜があった。
普通の桜は、切り花にしないと思う。

  メダル来た氷上プリンス高橋君ジェルソミーナも明るく聞こゆ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪降り

冬は6:30ラジオ体操(室内)の頃、カーテンを開ける。

一面真っ白!なおしんしんと降っている。
明るくなって、こんなにしっかり降り続く風景は、思い出せないくらい久しぶり…。
2月18日
4277 7:02
レンガ壁に斜線。

4278 7:14
レンガ壁に点々。

4279 7:42
空に点々。

9時ごろ、気付いた時は止んでいた。

昨夕の予報、「都心は雪にならない」がはずれ、けさの予報、「昼まで降る」が止んでしまった。

昼散歩に「雪風景の雪つり写真」と思っていたので、残念…。

いま行けば、撮れるかな…。

雪靴出して、出かける。
何のことはない。濡れてるだけのこと。
途中、いやな予感。桜並木の枝に、もう雪がない。
なんとなく、あったかいかな、と感じる。
前回(2月1日)の早朝上がった雪の方が、昼散歩時に多かった。

新江戸川公園
4281 10:04
雪つりはゼロ。
4283
4287

紅梅
花びら

1時近くから晴れ。

俳優の藤田まことさんが大動脈出血で亡くなられた。
TV番組に名があると見ている、夫婦でフアンだった。
江戸っ子作家池波正太郎の世界、『剣客商売』の主役は小説のイメージ通り、つい最近久しぶりの放映があったばかりだった。
数々の優しい役が懐かしい。
藤田さん、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

数回

4258 歯科処方箋で薬局にもらった消毒うがい薬に、「数回」の文字。

数回、数日、数個…には2種類の解釈があることを知って、ず~っと不自由?している。

広辞苑に、「……2~3あるいは5~6の少ない数を漠然と示す語……」。

小学生時代の初覚え通り、私は5~6の意味で、言ったり、聞いたりしている。
20代になって、2~3の意味もあると、なんとなく知った。

今回の薬袋の「数回」は、実に便利。
間食しない人、仕事等でうがいしずらい人は2~3回。
自由に食してる人は5~6回。

いいですね~。
几帳面な薬袋(消毒うがい用)にうってつけの「数回」、日本語を愛しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛天神紅梅まつり

文京区役所から半㌔ほどの牛天神の梅見に寄った。

春日通り「富坂」バス停から、坂上の境内に平坦道で入れる。
歩道に道案内の幟が立つ。
幟文字は「紅梅まつり」。
2㌔ほど離れた湯島天神は白梅が9割なので、「よかった」の感じ。

何といっても小さな敷地、家々(今はマンション)に挟まれた都会住宅地のど真中にある。

2月16日
4259 枝垂れ梅

4260 牛と梅

4261枝垂れ梅が周りを囲む。

4263 ポットがいくつか並んで、紅梅の切り枝がぎっしり入っている。
こんなところも、桜と違う。

4264 絵馬も紅梅。

階段下りると表口(安藤坂)。
富坂側は階段なし。

この日は何回となくTVで、スピードスケート500㍍長島、加藤の嬉しい銀、銅メダル滑走を見せる。

当夜のラジオ10時台だったと思う。
トニー・ザイラー(1956年オリンピック3冠、スキー選手引退後俳優…09年73才で死去)の『白銀は招くよ』の歌声がかかる。
オーストリアだからドイツ語のようだ。
旨いより、スポーツマンの声に懐かしみがしみる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

車内広告に空き

最近、地下鉄(東京メトロ)の車内広告に「空き」が多い。
去年は「空き」も目立つものではなく、今年に入っての広告空間は、いやが上にも不況風が漂ってみえる。

昔、バブルがはじけた頃に車内広告が減ったことがあった。
報道では、地下鉄は窓外景色がないので、広告減の影響がないと。
当時、確かに地下鉄車内広告は平常通りだった。

先日の新聞記事に、オリンピックの放映料が高く、スポンサーがつかない、TV会社は赤字覚悟…のようなことが出ていた。

近頃は活字、TV、ラジオ… からネットへ広告が移っており、車内広告の復活は難しくなってきた。
乗車料金に跳ね返りそう。
なんとか広告界も元気になってほしい。

3994 1月9日東京メトロ

4248 2月13日東京メトロ

この両日は「空き」が目立ち、50%割れか。

2月14日の西武線(新宿から郊外へ)は、9割以上ふさがっていた。
沿線に関連ある広告が半分以上だったと思う。(写真は遠慮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の霊園

西武新宿線小平駅は、都立「小平霊園」街。
徒歩5分で門。

2月14日
4249 メイン参道の分離帯グリーンに小さな雪つり。
小型の観賞用雪つり。

メインからの枝道は太く、並木が美しい。

4252 ドングリがいっぱい

4253 ただの枯れ草。
赤茶のドライフラワーのよう。高木の根元や芝生に、ずら~っと並ぶ。

松ぼっくり、木にも地面にもいっぱい。
松林のような雰囲気、雪つり松より都会人にはいい景色。

4256 紅白梅は大小。

4257 その後方に梅林、30本以上。

冬の霊園に色はない。
芝生に焦げ色が入り、昔ながらの手入れ法が嬉しい。

  冬日差し爽やかと思う墓参かな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三遊亭きつつき、橘也 5

2月の文遊会(ビデオ映画等)は、「三遊亭きつつき、橘也の落語会」。

4237 4239 年2回の両者の落語会も4年以上になっている。
馴染んだ人の成長は嬉しい。いい噺家さんになってきた。

 二つ目の三遊亭二人応援会
         落語の声音うなずく拍手

09、11、24 投稿「三遊亭きつつき、橘也 4」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜

江戸川公園に1本だけ河津桜がある。
開花から1週間以上たち、ピンクが濃くなってきた。

4251 4252 2月9日14:08

番えかなとみると、3羽になっていた。
ズームでの位置感覚が下手で、花と枝がこんがらがって、入ったと見えるや消える。

  メジロいて河津桜に立ち止まる

| | コメント (10) | トラックバック (0)

図書館の棚 2

深夜便(2月9日)のこと、途中からだったが、小説の朗読だった。
後半は10分ほどだったか、朗読力(松平定知)もあってか、藤沢周平、いいなあ、忘れないうちに図書館と思いながら… 。

4241 数時間後の朝、題名、内容、全部思い出せない。
「よかった」の印象は残っている。

 深夜便こぼさぬように掬い持ち藤沢周平図書館棚へ

 09、11、18 投稿「図書館の棚」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

歩道並木の剪定 2

自宅近くはメイン(車両多)道路ながら、車道も歩道も細く、イチョウ並木は細~く剪定されている。
丈夫で選ばれているイチョウでも、可哀そうなほど魅力を発揮できない。

そんな小さな茂りを黄葉盛りに剪定したり、あまたの並木量とはいえ、見栄えのない細い枝のちぐはぐがあった。

4233 2月6日14:23
つい先日(空っ風のきつい日)、剪定作業をしていた。

12月にしないまま省略?と思っていたが、区民の声が届いたのだろうか。
植木に支障がなければ、落葉後ならいつでもいいと思う。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅梅

日常散歩の新江戸川公園は、1本の大きな紅梅の開花が他の白梅より3週間早い。

4230 4229 2月6日13:11
強風に、地面の花弁は一気に増え、落花も混じっていた。

 強風に紅梅まかれ小紋染め

| | コメント (3) | トラックバック (0)

河津桜開花

1週間ほど前、河津桜が開花。
江戸川公園に1本、椿山荘(庭園開放)は10本ほどか、可憐なピンクが同じような小型の木を目立たせている。

4222 2月4日13:41 椿山荘

ほんの少しの開花なのにメジロが来た。
あちこちの河津桜に移り、撮りにくい。

   河津咲くメジロはみ出し落ち着かず

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冷蔵庫より低温(都心)

4223 2月5日6:44 

 月浮かぶ冷蔵庫より寒い朝
       自分で干せるをよしと思おう

最低温が冷蔵庫より低温とは、もうブルッとくる。

パン屋の業務用冷凍庫の最低温は-18度を設定。
それ以下になると、イースト菌が死んでしまう。

北海道では零下20度台も…。
今冬は、冷凍庫より低温が世界の寒冷地を襲う。
超低温が後退した氷河の復活に…とはいかないものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はしご(神田川)のゴイサギ 2

ここのところ、神田川へ来ればゴイサギの存在を確かめている。

上流の駒塚橋~大滝橋まで、4本の梯子がある。
4本目(大滝橋下で江戸川公園広場前)は、常に空っぽ。

4146 1月26日13:20
1本目 これほど上段は初めて。

1月26日13:22
2本目

この日は計

1月30日
3月中旬温度。
ゴイサギは久しぶりにゼロ

1月30日 13:08
水量少ない。
1本目の梯子下でシジュウカラが散歩。

31日、前日と同じ春温度。
ゴイサギはしばらくゼロつづきかなと思いながら…。
1月31日12:45
向かい側の梯子(1本目と2本目の中間位置の向かい)にいた。
行きの遊歩道から見える側。
蔦はない。

4173 1月31日13:15
2本目に上下2羽。

この日は計羽。

2月1日 曇り~雨、低温。
この日は水量が多い。
4185_4 2月1日12:57
前日の向かい側梯子に接している下水口に1羽。
寒いから避難?

2月1日13:19
2本目、下段に1羽。

羽。

2月2日 前日の雨が夜から雪に。早朝止む。
4201 2月2日12:45
前日と同じ穴に羽。
前日より動きがある、脚、嘴。
この日、梯子はゼロ。

4217 低温つづき。
2月3日13:30
2本目、下段の上下羽。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メジロと白梅

散歩道の戸建てににある1本の白梅は、小鳥に人気がある。
今年はヒヨドリと雀がよくいるが、常連に飽きて(失礼)「メジロよ、早く来い」の気持だった。

この木では1年ぶりのメジロが入っていた。
2月3日13:304225 4226 4230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒタキ

積雪1㌢の前日の雪が、あちこち残っていた。
このところの低温は、平年並みらしい。

き~んとした冬の新江戸川公園内、池の周囲の高木では小鳥のさえずり…。
落葉樹に小鳥はいるかな~、見渡す。

4212 2月3日12:51
スマートな雀サイズがすす~っと地面を歩いたり、雪つりに止まったり…。

…あの鳥、見てください…
ヒタキです…飛び方で分かります…」
昼休みの2人づれ制服男性、年長の人は自宅が郊外で小鳥に詳しい、しばらく楽しい小鳥談議が聞けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が止んで…(神田川)

前日のつづき。
早朝に止んだ雪は、それでも1㌢の積雪を記録。
ほとんどの道路は、午前中から回復。

晴れた冬空、きーんとした空気、手袋の手が冷たいほど。
が、神田川の散歩の気持ちよいこと。

カモは、群れてはゆうゆうと浮かび、速かったり、Uターンしたり…。

42042月2日13:06
シラサギ
たまにシラサギを見るが、いつも1羽。
雪のように白が目立つ。
歩幅を広げ、さっさっ、進む。

4206 13:08
シジュウカラ(ぴんぼけ写真)
この鳥は川が好きらしく、さ~っと急降下、石散歩。

川を好む鳥は、低温を喜んでいるらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2年ぶりの積雪(都心)

と、早朝のラジオ気象さんが言っていた。

前日午後からの雨が夜から雪。早朝には止んでいた。
都心は1㌢予報。
朝のうち、その積雪?を撮りましょう。

4193 2月2日6:53
ベランダから木立

4194 7:29
ベランダから女子学園

10時ごろ、通りは自転車OK。
もう乾いているところも。

419812:24 散歩道の戸建て
パンジー
昔は春の花だったが、低温に強い。

4203 12:52 新江戸川公園

4208 13:19 江戸川公園
紅白梅の花びら

「ダイヤモンド富士」は、2月1日前後(年1回)とネットで知った。
http://www.youtube.com/watch?v=uCywxFNIBjs

この日は、雪のち晴れたり曇ったり。
午後の晴れが夕方はっきりしてきた。
シビック展望(文京区役所25階)へ、近い?ので出かける。

…どうでしょうか…
「99%だめです」と言いながら…、ずら~っと展望窓からの人・人は、なぜか離れない。
しばらく、雲に入った眩しくない太陽を眺めて…帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒヨドリ

満開の梅に小鳥がさ~っと入る。
枝々を飛び交う、そのせわしいこと、カメラで追いかけるのも一苦労。
可愛らしさと、梅に合うなあと感じるのは、鶯色のメジロ。
そして、メジロがよく来る木だと思っていても、なかなかチャンスはない。

白梅に澄まし顔のヒヨドリが撮れた。

4179 1月31日13:40  江戸川公園
ヒヨドリ
頬に褐色部分、頭頂部の冠羽。

4180 1月31日
アカシア
戸建てに、ぱ~っと初々しい黄色。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レトロ車両(都電)の広告

1月28日、昼から雨短時間の予報に、傘なし、シルバーパス持参にした。
散歩に合わせたように、1時ごろ新江戸川公園内で小雨。
すぐ早稲田都電停へ。

乗ってから気がついた、レトロ車両だった。

4151 4152 と、車内広告が白黒写真。
種々懐かしい昔の子供のいる場面ばかり。
スポンサーは一社。
私が今も愛用するオロナインの会社。
亡き名優の浪花 千栄子さんが微笑んでいる、まさにレトロ雰囲気だった。4153_2

1月28日13:22
大塚駅停下車
9002号車は、09年1月運行開始の新車。

小雨はほんのいっときで帰宅すると、止んだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »