« 大イチョウの気根 | トップページ | 紅葉狩り(小石川後楽園) »

繁殖力(唐辛子)

365日絶え間なく咲きつづけている花がある。
都心では、ゼラニューム。(うちのベランダ)
沖縄では、ハイビスカス。(1月下旬に現地で聞いた)

今秋のわが家のトウガラシにも、懸命な繁殖力を見た。
収穫後に同じところから、再び蕾が出てくる、まるで循環現象。

2年前の初夏…花の咲いた苗購入。夏に収穫、秋に枯れる。
去年夏…自然発芽。秋収穫。枯れる。
今年夏…自然発芽。秋収穫、10日後蕾が見えた。

3541 11月7日
自然発芽の唐辛子は、初年に比べ、短い。
3572 11月16日
カット茎に交じって、が生えてきた。
3676 12月1日
が咲く。
3712 12月7日

きょうは北風強し。
いつまで葉の緑、白い花がしのげるか。
繁殖力も低温には負けてしまうだろう。

|

« 大イチョウの気根 | トップページ | 紅葉狩り(小石川後楽園) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁殖力(唐辛子):

« 大イチョウの気根 | トップページ | 紅葉狩り(小石川後楽園) »