« 特別展(皇居東御苑) | トップページ | 元気なオシロイバナ »

晩秋(皇居東御苑)

前日のつづき。
晩秋の御苑散歩、特別展にひかれ、この季節のしんとした木々を眺められた。

(本丸休憩所前広場)おや~桜、はっきりと分かる。
フユザクラ
ジュウガツザクラ

パッチワークのような、何色か入る刈り込み。

盆栽展から二の丸庭園へ。
も、心なし寿ぎの色。
池の植物は、今はアサザ、ヒメコウホネの小さな黄色も消え、寒々しい。
池の隣は、葉だけが残る菖蒲田。

3601ガマズミ
初めて見る雰囲気。
鈴なりの実に、1ヶ所白小花がかすかに残っていた。

3602ナデシコ
秋の七草も残りわずか。
花はたったの1輪、分かりやすい花。

あと、フジバカマは白っぽく枯れ色花がいっぱい。

3605ススキ
石垣を背景に、ススキの塊が何カ所か。
ススキの美を浮き立たせる光景。

3606ボケ
緑のない枝に、朱色が点々。

3607サギ
大手門濠、遊歩道(6㍍幅)をはさんで鷺が飛ぶ。
いっぱいに広げた羽、伸びた黒い脚、いい形は高く飛ばず、隣の濠に着水。
目の前の低空は、うっとり観賞だった。

|

« 特別展(皇居東御苑) | トップページ | 元気なオシロイバナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋(皇居東御苑):

« 特別展(皇居東御苑) | トップページ | 元気なオシロイバナ »