« 芭蕉庵の草木 | トップページ | 赤とんぼの羽 »

高田馬場流鏑馬(やぶさめ)

高田馬場流鏑馬は、毎年体育の日(10月12日)に行われている。

3367流鏑馬の奉納される穴八幡宮に12:40ごろ着いた。
境内は、それぞれの昔装束の人々が三々五々、間もなくの出発行事を待っている様子。

流鏑馬会場の都立戸山公園(箱根山地区)は、ほんの3分先。
2時開始なので、まだ会場はまばら。
それでも、前列?はしっかり人ひと……。

的は3ヶ所
うまく三つ目の的前の丸太(園の備付)に座れた。
1時間も待つが、丁度よい到着時間らしい。

3368開始ころになると、マイクで解説……次々説明。
…的は杉が多いが、昔通りを使用している。
射手は5人。練習は10年かかる。…

裃姿「……」(声が聞きとれない)
射手「承って候」(張りのある声)

奥まで進んで戻ってきた射手。

3375 1人目は、二の的、三の的に命中
真ん前三の的に「バリバリ~」の鋭い音。
的の落下瞬間写真。
裃姿の1人目の的係り(5人の射手に5人が控える。4人は的を持っている)が拾うと、3つに割れていた。
射手は写ってない。右へ消えるのは、目にもとまらぬ速さ。

3377 3人目は的に命中しなかったが、射手が撮れた。

3382 5人目、的に命中
射手はもう消えている。

「三の的」は、命中音2回。
木の香も新しい檜の的の効果音、その響きは観客の拍手に包まれ、懐かしい流鏑馬の音として、み~んなに残った。

|

« 芭蕉庵の草木 | トップページ | 赤とんぼの羽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

流鏑馬ですか、もうしばらく観ていません。
早馬に乗って走りながらの弓儀式!三重県多度神社でも、あげ馬祭りそして流鏑馬が行なわれます。
でもここ数年、見逃してばかりでした(笑)

投稿: peco | 2009年10月14日 (水) 19時17分

pecoさん、おはようございます。
流鏑馬と言えば鎌倉、だけでした。
去年、高田馬場を知り、先日のマイク説明に6か所ほど地名紹介で、盛んなんだなあ…日本人好みと思いました。

外出はどこでも好きなんです。
地下鉄やバスでちょこっと出かけられる距離…になっていますが。

投稿: 高尾山 | 2009年10月15日 (木) 08時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高田馬場流鏑馬(やぶさめ):

« 芭蕉庵の草木 | トップページ | 赤とんぼの羽 »