« マテバシイ | トップページ | 『上流社会』(映画) »

パラアート展

31612009アジア・パラアートTOKYO展、前夜(12日)のTVで数点紹介した障害者の個性的な絵、実物をぜひにと思い、池袋西武へ行ってきた。

日本から120点、アジアの地域から58点。
細かい山下清のような丁寧描写、海中のいか、たこの空想の色、爬虫類に絞っての木々草地に散在するそれぞれの形と色……その色のハーモニーが美となっていく魅力は、そのまんまプロでOK……が何人もいると感じた。

Poor Elephant」…タイの作品
残念ながら、年齢、性別、障害が不明。
作者がタイの人という前提でのテーマ、ほんとうに誰もの胸に象の哀しみ、残酷な運命が迫る。
ここまで描くかと、計算された象ばかり、あそこにもここにもという、おびただしい数は、絵ごころ溢れる筆づかいで、いつまでも見ていたい芸術になっている。
Poor を示すのに、宗教画(優しいマリアや仏像)のような生真面目な怖さがないのが、何よりも素晴らしいと思った。

3137 3132 9月14日の誕生日の花は「フヨウ」
花言葉は「繊細な美、しとやか」

障害者の遠慮を強いられる立場と心。
一気に噴き出した表現力に花言葉が似合う。

|

« マテバシイ | トップページ | 『上流社会』(映画) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マバシティ?どんぐりの一種なんですか?
初めて聴きました。
何の味もない実のようですが、炒めれば食材にもなるようですね・・・
秋といえば食べるほうだけではなく、芸術の秋とも呼ばれるようで、この時期は様々な展示会がありますね。時間があればゆっくり観賞できるのに、脚がそちらの方向に向いてくれません(。>0<。)

投稿: peco | 2009年9月15日 (火) 07時50分

pecoさんおはようございます。
小雨まじりの朝ですが、暑さ寒さのないのは早めのお彼岸気温でしょう。
何となくふらふら出歩きたい週です。

特殊法人の閑な存在が活字になり…、何とかしてほしいですね。(-ε-)

投稿: 高尾山 | 2009年9月15日 (火) 09時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラアート展:

« マテバシイ | トップページ | 『上流社会』(映画) »