« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

チャ(ツバキ科)

自宅から近い教育の森(旧教育大跡地)隣接の占春園(筑波小教材園)は、昼でも迷い森?の感じで暗く、涼しい。3302 3300

9月29日14:08
フェンス越しの光に小さなツバキ型の花が見えた。
いので、「」とわかる。
先日の「炉開き」との違いは、花の色だけと思う。
例年より早いらしく、小さい実に混じり、大きい実(花と同じ2,5㌢ほど)も少し見えた。

『花おりおり』01、10、31「チャ」……葉はお茶になるが、花の知名度は低い。ツバキやサザンカと同属……違いは花が小さく、柄があり、うつむく点。……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅色元気

32789月28日9:31

 秋の日になお咲き揃うマツバボタン

ベランダ(3階)で初夏からず~っと咲いているマツバボタン、咲く間際が雨日になると、大きく膨らんだ蕾は、そのまま。
翌日が晴れでも、膨らんだ蕾のまま。
そして、枯れる。

32799月28日9:31

 唐辛子緑と赤と可愛らし

トウガラシ、2年前の初夏、花の咲いた苗購入。夏には唐辛子収穫。

去年と今年は、初夏に自然発芽(前年の落ちた種)。初秋に赤くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炉開き(ツバキ科)

椿山荘庭園冠木門は神田川遊歩道に面し、開放されている。

小さなツバキがあった。
季節もサイズも変わっている。

3252_2 3250_2 9月26日12:43
炉開き(ロビラキ)
丈は低く、50㌢ほど。
ピンクの花は小さく、3㌢ほど。

ネット……花期は9月中旬~3月。茶と椿の自然雑種。
炉開きの名は、茶室の風呂が炉に替えられる頃に咲いているから。
炉開きは、旧暦10月初めの「亥の日」頃。……

3277 9月27日
散歩道の民家
この木は椿山荘よりぐっと大きく、塀より高い。
花の形、サイズ、時期で炉開きと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤とんぼ

前日、ブログ友のpecoさんのページに、花に止まっている赤とんぼの写真を見たばかりだった。

赤とんぼ、止まってくれないかなと思いながら、新江戸川公園へ。
ポーズのいいを撮って、池渕に行くと……、竹柵に赤とんぼが止まっていた。

1ヶ月前から、教育の森の「じゃぶじゃぶ池(幼児用)」で、新江戸川公園で、ぐるぐる飛びまわるばかり、目の前では止まってくれなかった。

去年の赤とんぼ投稿では、撮影は11月1日。
秋が深くなると、くたびれて羽を休めるのかな、と思っていた矢先だった。

3256 9月26日13:05

3260 13:08 竹柵に2匹。3267

2ヶ所の赤とんぼ、しっかり止まってくれた。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

数分番組

ラジオ深夜便をたっぷり?聴いたり、5:30過ぎの好きな数分番組を少々聴いたり、逃したり……。
けさは、頭と耳がともにOKの方だった。

毎週土曜あさ5:40ころ、千住真理子さんの「クラシックでお茶を(Tea for classic)」 がほんの5分ほどある。
なかなかの人気番組(聴取者の投稿)だが、彼女のトーク(それが魅力)も入って、曲に使えるのはあっという短さ。

……クラリネットをキーワードでお送りします。
モーツアルトのクラリネット協奏曲、1791年、最後の協奏曲、……2006年英国でモーツアルトの人気曲1位になった……
と早口(時間がない)で、明るい口調。

いつも楽器の○○をキーワードに紹介。
数分内に3曲紹介したり……。
この軽やかな番組タイトルが、実は数分番組にこそ、似つかわしいと思える。

広辞苑で「」……2~3あるいは5~6の少ない数を漠然と示す語。……

子ども時代教わったまま、5~6で使っている。
最近の風潮は、2~3で使われているように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷散歩

東京駅大丸ミュージアムまで、○○展(招待券)に出かける。
一通りと、ビデオ映像を見ても、残念ながら、魅力は分からなかった。

予定通り、日比谷散歩に向かう。
丸の内側に戻り、和田倉門信号へ。

連休最終日(秋分の日)は車が少ない。

3234和田倉濠の白鳥

3235 皇居外苑(芝生広場)の松は、丈が揃い、幹それぞれの自由曲線がいい。

平日の昼は、サラリーマンの休憩で賑わう場所、と思う。
休日の午後は、のどかにひとり、ふたり、家族で弁当、昼寝……それでも閑散。

祝田橋信号を渡ると、日比谷公園。

ヒガンバナが小山に密集。
テニス・コートのフェンスに点々。

3242 公園のレストラン内ガーデンで結婚式。
緑に囲まれて、生演奏のお祝い雰囲気。

3243ポーチュラカ、賑わう彩り、可愛いです。

3241日本庭園池に鴨は3羽のみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウマヅラカワハギ

ウマヅラカワハギ」 なんと懐かしい名だろう。
9月22日朝刊社会面の大きな囲み記事、その主役はアナタでした。

3230うまい解決策 エチゼンクラゲVS.天敵」 のタイトルに天敵は何だろう?とビッグニュースを読む。
……実験は島根県隠岐諸島。
沖で傘の直径約90㌢のエチゼンクラゲを捕え、水深11㍍の漁礁にロープで固定したら、全長10~30㌢のウマヅラハギが400匹近く集まり、一斉にクラゲをかじり取った。
エチゼンクラゲの触手には魚を刺す毒針があるが、ウマヅラハギは1時間程度でこの毒針を含む触手と傘の大部分を食べあさった。
……

わずかでも海水温が上昇すると、活動停止状態だったエチゼンクラゲは息を吹き返す、永遠に滅びを知らない不気味な生き物だという。
海水温度の関係で、去年は珍しくどこの海岸にも来なかった、その分今年は倍量という、なすすべのない暗い記事が最近載ったばかりだった。

40年ほど前、西伊豆の船宿(知人の実家)に毎夏のようにお世話になった。
ある夏のこと、釣りを知らない私たち(両親、従兄親子、姉親子、うちの家族)を喜ばせようと、生簀で釣らせてくれた。
相手は生簀、竿を入れれば、釣れる。
普通の釣り人なら、呆れて絶対にやらないだろう。

魚は一種、ウマズラカワハギのみ。
ちぐはぐなほどの頭でっかちで、
馬づらだった。
教えられた通り、借りたまな板と包丁で、釣るそばから姉と私が皮をはぐ。
またたくまの大漁に大喜び、というオサナサ。

当時住んでいいたマンション屋上(4階建て)でのカワハギ天日干しは、どれほどの量だったろうか。
管理人夫婦(釣りの趣味)やご近所に、何と言って干しカワハギを渡したろうか、不審の目だったに違いない。

頭の分量が多い分、身が小さい。白身魚で、旨かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジカメ(小さな破損)

9月20日、散歩の帰り道、デジカメのシャッターを押そうとしたら、金属ボタンが抜けていた。
どこでだろう。
気が付かなかった。

かがんで写そうとしていたので、辺りをきょろきょろ……すぐ光った薄い部品が見つかった。
入れてみても、すぐ抜ける。

翌朝、池袋のビックカメラへ。
ズーム機能兼シャッター部品が折れていた。
メーカー別修理一覧表には、ソニー製は¥8000~¥25000とある。
修理依頼しなくても、修理内容の調査費¥1000がかかる。

PCを買い替える時、初めて買ったデジカメ、一番安い品だったので、修理費がもったいない。
考えなくても新品で、決まり。
ズーム機能がシャッターと別位置なので、安堵。¥15280。

3229新デジカメで初写真
9月21日
敬老の日、お持たせのケーキ5個。
幼児もちゃんと食べていた。

破損箇所が抜けないように、店員さんがセロテープを張った。
ズーム機能なしで、あとはOKのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松の実

3222 3223 9月20日14:50

新江戸川公園(旧細川邸)の1本の松(4㍍ほど)に、緑の実が1つだけ生っていた。
何で1つなのか、不思議。

8日ぶりの庭園だったが、ヒガンバナは枯れ色が多かった。3220

小さめの石灯籠とヒガンバナ

3215 3216 江戸川公園の浅池
9月の清掃(年3回)が前日?
水が澄んで、きらきら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな祭

自宅から近い四方範囲に、小さな神社が4つある。
9月上旬からお彼岸頃の土日に祭りが集中し、今年もお祭りが来るなと、ポスターで知る。

小さな町会が幾つか寄って、1つの氏神さまの祭礼をする。
子供本位の神輿、山車は各町会毎になり、ほんとに馴染みの範囲になる。

20年以上前から子供が減り出して、寂しくなっていた。
今は、いっそう役員さんはご苦労のことと思う。3156 3158

9月13日

賑わう辺りに神酒所(みきしょ)を設営?するらしく、必然子供神輿の前はバス停(o^-^o)3206

9月19日
子ども用プールは○○すくい準備中。3213

9月20日
幼児に成長。

320415日(老人週間15~21日)、敬老祝菓子が、町会から夫(80歳)に贈られた。
外がわはふわふわスポンジ、中は抹茶風味のカスタードがたっぷり。
12個入り。ご馳走様です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マスク

3146 先日、池袋で化粧コーナーの外に「マスクあります」の張り紙が出ていた。
買いそびれていたので、す~と入った。
30枚入り¥499は、安売りらしい。

高齢者の外出時は人混みもなく、たまに出かける夫もまだいいか…でいた。

夫の使いで近所の医院に行くと、小さな待合室に患者が15人くらい、マスクは3割ほど。
これは大変、翌日の検査外出にマスクが役立った。

高齢者の外出範囲では、医院関係が一番のマスク必需品。
「春に用意」は浸透していた。
夏になって、新インフルは人口密集都会に増えていき、マスク売り切れ記事。
買いたいなと思いながら、思うだけ、池袋で買えてよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒガンバナ(小石川後楽園)

今年は、ヒガンバナが早い。
後楽園も見ごろ、と思う。
去年10月初め、盛りの過ぎたヒガンバナ(後楽園)が多かったのを見て、今度は早めにと決めていた。

9月17日、ほんとうの見ごろだった。(旧水戸家
目立つ赤は、そこここにヒガンバナ、お彼岸週の庭園風景を明るくしてくれる。
3212
アップ写真に枯れ色が混じらない。  3210 3219 3221_2

3159 先日(15日)、上野公園を通ったら、大仏祈願の丘陵が一面の彼岸花だった。
枯れ色も混じり、細い蕾もまだまだありで、お彼岸まではもちそう。
階段上がると、柵が閉じて、昼前なのに不気味……下の幟は若々しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野動物園

9月15日、曇り日、暑からずの程よい気温。

1年ぶりの動物園は、ゆっくり歩きでも、あちこち回ると結構なウォーキングになった。

不忍池の弁天堂を、隣接不忍池(動物園)から見る。
池の背景はビル群。
テーブル・椅子がたっぷり並ぶ。
真ん中辺りは、お揃いの幼児のカラー帽子があちこち向いて、童謡の詩に似て…可笑しい。
端の方は、のんびり休憩の私と、おひとり様男性が多い。

象の銅像は、園児の集合写真に人気。
次々順番待ち、違う園?…お揃い帽子で。
幼稚園の遠足組が多かった。
3181

ベニイロフラミンゴ首がくねくね曲がる。3186

シジュウガラガンの名札なのに、カラスがわがもの顔。3178

ケープペンギン(アフリカ南部沿岸)元気に泳ぐ。31913193

ホッキョクグマ
冷気の霧を吹き出す。
当日は涼しかったが、真夏の北極熊は耐え難いと思う。
純白ではなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飲み水

3年ほど前から春になると、水道局PR栞「おいしくなった水道水」が配られる。
衛生面、味覚も、市販のペットボトル水との比較数値等、丁寧に説明。
「そのまま飲んでください」と薦めている。

公園の水飲み場、ぶくぶくゆすぎ、少し飲む、いいお水です。
昔懐かしい設計(上野動物園)
3201岩の雰囲気(動物園)

2918

8月9日14:03
 じゃぶじゃぶ池(教育の森)3122

9月7日14:20
 
小川(新江戸川公園の循環水)

 水道水雀も蜂も旨そうに

3130 9月16日 鳩山内閣発足

 白鳩が路地から見える鳩山館
       見える政治の始まる日なり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

象舎のサンパチェンス 2

8月初め、TV欄「趣味の園芸」に「インパチェンス」とあった。
おや~、発音が似てる。

久しぶりに、その番組を見る。
花形、暑さに強い花、大気汚染吸収力等、象舎のサンパチェンスと同種らしい。

夏の花で、もう普及?している説明だったので、気をつけて探したが、大きな園芸店にも見当たらなかった。

象舎のサンパチェンスは、去年初めて植えられた。
 08、9、20投稿「象舎のサンパチェンス」
今年は花の範囲が広がっているだろうな、と思う。

9月15日からシルバー・ウイークで、動物園も入園フリー。
小雨が上がった10:30ころ、出かける。

曇り、24度予報は動物園日和、時間もたっぷり、ルンルン弾むキモチ。
1年ぶりの象舎のパチェンスは、意外と少量。
象舎前は賑わっているが、サンパチェンスを撮るのは私だけ。
去年のようなサンパチェンス紹介板は、貼ってなかった。

離れて、4ヶ所ほど今年から植えられていた。
そして、広い範囲でまとめ植え、まだまだ花は盛りのよう。3165  31643161


   

31983197

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『上流社会』(映画)

ラジオ朝7時前、「きょうは何の日」で、1982年9月14日グレース・ケリーが亡くなりました……。

Photo偶然にも当日は、文遊会(ビデオ映画等を仲間で観賞)で彼女の最後の出演映画『上流社会』が予定されている。

40年にキャサリン・ヘップバーン、ケイリー・グラント、ジェームズ・スチュワートの共演でで大ヒットした「フィラデルフィア物語」の、ミュウジカル版として『上流社会』が制作された。
ミュウジカルで人気のシナトラ、クロスビー、ゲスト出演にアームストロングとある。

知らなかっただけに、3人の歌手共演にニコニコ。
が、ミュージカルとはちょっと違うほど…、歌もダンスも少ない。
その分、グレース・ケリーの麗しい魅力は、演技と表情から堪能できた。

52歳の若さで事故死した日の27年後に、屈託のないキュートな役柄を適役と思わせる、ああ、大スターだったと知りました。

9月15日朝刊に明るい2件
雨空のテキサスで、イチロー選手が9年連続200安打の大リーグ記録を残した。

米ラスカー財団は14日、今年のラスカー賞の基礎医学部門に、さまざまな組織に変化するiPS細胞(人工多能性幹細胞)をつくった京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授ら2人を選んだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラアート展

31612009アジア・パラアートTOKYO展、前夜(12日)のTVで数点紹介した障害者の個性的な絵、実物をぜひにと思い、池袋西武へ行ってきた。

日本から120点、アジアの地域から58点。
細かい山下清のような丁寧描写、海中のいか、たこの空想の色、爬虫類に絞っての木々草地に散在するそれぞれの形と色……その色のハーモニーが美となっていく魅力は、そのまんまプロでOK……が何人もいると感じた。

Poor Elephant」…タイの作品
残念ながら、年齢、性別、障害が不明。
作者がタイの人という前提でのテーマ、ほんとうに誰もの胸に象の哀しみ、残酷な運命が迫る。
ここまで描くかと、計算された象ばかり、あそこにもここにもという、おびただしい数は、絵ごころ溢れる筆づかいで、いつまでも見ていたい芸術になっている。
Poor を示すのに、宗教画(優しいマリアや仏像)のような生真面目な怖さがないのが、何よりも素晴らしいと思った。

3137 3132 9月14日の誕生日の花は「フヨウ」
花言葉は「繊細な美、しとやか」

障害者の遠慮を強いられる立場と心。
一気に噴き出した表現力に花言葉が似合う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マテバシイ

3149 9月11日
マテバシイ、初めて聞く名前だった。

コーラス仲間のYさんの庭からやってきた。
普通のドングリの2倍近い大きさ(2,8㎝)で、長形。

食べられると聞いたのでと、丁寧に洗い、何袋も用意、練習日に持ってきてくれた。
…どんな味?
「まだ食べてない…炒ってね…」

3151大粒なので、厚鍋でコロコロガラガラ炒った。
歯のいい夫に1粒、「不味くないけど、味がない…」

炒ると亀裂ができ、皮がぱくっと取れやすい。
干してないので、普通に噛めた。

味は淡白で、苦味はなく、ドングリとは思えない。
このまま、おつまみにもなるが、クッキーやケーキ、お餅、炊き込みご飯等、味付け次第で食材になりそうだ。

3154さつまいもを焼いて、水と砂糖(ヨーグルトの添付が溜まり過ぎ)を入れる時、マテバシイを入れた。
失敗……むしろ固くなり、砂糖味も上っ面だけ。
反省……砂糖湯で煮れば、柔らかく?と思う。

里山気分を貰った一幕だった、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オナシアゲハですか?

9月12日の天気予報は曇りと雨。
文京区の気温は、0時23度、3時から12時は22度、15時23度予報。
  閉め切ってラジオルンルン初秋かな

先日の夏日気温、新江戸川公園正門寄り、案内板下のアジサイの葉に目立つ色…やはり蝶だった。
花はない、葉だけなのに…、カメラを構える間も…動かない。
沈んだ感じなので、近づいてみる。3142 3143

9月9日13:30
葉でつまんで土へ。(子どものころ粉がついて、触らなくなった)
少し脚が動いたが、飛べる元気なし。
羽は細開きのまま、固まった感じ。

ネット写真で見ると、オナシアゲハに似ていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

園芸マツバボタン

マツバボタンは初夏から初秋まで、明るい日に朝から咲く一日花。
そして、丈夫。
枯れたような前年の根から出る春芽を、挿し芽する。
すると、丈が短いうちに蕾ができるようだ。
ず~っとそうしてきたので、わが家のはボタン色一色。

散歩道の戸建に、今、マツバボタンに花がそっくりなポーチュラカが咲いている。
マツバボタンより、花色の種類が多い。

31359月8日13:53
マツバボタンはあと黄、白、オレンジがあるようだが、ポーチュラカを思わす凝った彩りが咲いていた。
葉は確かにマツバボタン
優雅な新種に「丈夫」がちゃんと受け継がれればいいが、どうだろうかな?と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餌とり

2930 2938 ハトとカラスが増えたのは、人の餌やりと食べ残しゴミが原因。
静かに猫に餌やりしてる人に、こちらも見て見ぬふりで注意はシズライ。
渡り鳥は体重オーバーで、長距離飛来不能という記事が出たり、笑ってられない問題になってきた。
大きな庭園や公園は、全ての動物に餌やり禁止の立札がある。3118 3119

9月7日14:06
神田川で、珍しい?ことに、カモがひっきりなしに水中へ頭を入れ、餌とりに余念がない。
可笑しい、ぶきっちょな、ひっくり返るしぐさ、当り前の姿にすっかり感心した。

川面が深いので、池のように陸に上がったり、戻ったりはできない。
川にゴロゴロある大石で休む。

近頃の神田川は、少ないながらカモに出会える。
公園等の餌やり禁止効果、かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンコールが主役

東京の数あるアマチュア・オーケストラで、A、Bの2つが創立が古い分、群を抜いている。
最近は、アマ演奏会はA、Bだけ行くことに決めた。

もう数年前から、演奏曲目が困った事になっている。
20世紀の、いわゆる現代音楽といわれる、わけのわからない曲が多い。
強音でも眠くなるから不思議だ。(私だけではありません)
今回は、予定曲の3曲目がよかった。

アンコールの「ボレロ」が圧巻だった。
管楽器の弱音から入り、ハープ(いつもは聴き取れぬ楽器)の音が入る。
弦楽器は、かすかな爪弾き(弓はお休み)のみ加わる。
これらのハーモニーが、ボレロの繰り返しリズムに乗って絶妙の生演奏、観客は前のめりの心地。
十分に聴かせたころ、ラッパ類、打楽器、弦楽器が入り、強音のクライマックスに。

10分近いと思う、こんな長いアンコール曲は初めてだった。

終わりよければすべてよし、の満足感の帰途だった。

31169月6日13:40
開演前のロビーコンサート。
めったにない光景。
気づかず、知った時はもう終わるころだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツツジに似てる?

9月7日、曇り予報がはずれ、朝から晴れ。28度予報は暑いかなと思いながら、初秋らしい散歩になった。

3121 3123 新江戸川公園(旧細川邸)外庭の、案内図立て看板下に、丈の低い細木に薄いピンクの花がちらちら咲いていた。

花はツツジにそっくり。
1つの蕾は3つの花になり、順次咲いている。

ツツジ類を見ても該当なし。
寒い季節、歩道等の植栽に季節はずれがほんの少し咲いていたが、この花は今が盛りの様な蕾、花、枯れ花と揃っていた。 3125

14:27 澄んだ空。3126

庭園では2匹のナガコガネグモ3129

江戸川公園遊歩道ドウダンツツジ根もとに、茎がシュルシュル~。
彼岸花の蕾に赤がチラリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリョーシカ

3111 3110 先日の新聞に、「ロシア土産で人気のマトリョーシカ(木製入れ子人形)が売れなくなった」との記事。

行ったことのない国だけれど、質素で、あか抜けないマトリョーシカが好きだった。
経済危機の影響で観光客が減少、土産品が真っ先に落ち込んだ。
日本人は、こけし人形と似た木製のマトリョーシカが好きらしい。
31123114写真は、うちにある昔品。
ラッカー仕上げが濃い。
おもちゃ用汚れ防止?

不況に新型インフルも加わり、観光客(海外、国内)はもっと減少すると思う。
伝統ある人気土産品ほど、影響の単位がとてつもなく、産地は広範囲で沈んでしまう。
マトリョーシカは、日本へのネット個別注文等……考えているらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都電新型車両8800系

9月3日、涼しい予報が出ているので、夫をたま~の散歩に誘う。

3098途中、ビッグ寿司でランチ弁当。
¥1000。
ご飯は少なめに。それでも手伝う…。

予定通り都電早稲田停までで、歩きは終わり。
見慣れない電車が来た。
新車だ。
今春の始動から待ちくたびれ、拍子抜けしたころの対面だった。
始発停なので、乗車ホーム、下車ホーム、車内を撮れた。

ネット…「東京都交通局(都電)荒川線に、新型車両8800系2両が4月26日に始動されます3106    3107
3108

9月3日
13:17               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田川のシラサギ

2日つづきの24度予報の曇り日は、昼の散歩を清々しい気分にしてくれる。

30899月2日12:56
湿った土にが止まっている。
地面に落ちた枯葉の仲間の様。

3095 神田川の水が、珍しいほどに澄んでいた。水量は少ない。
鴨が7羽ほど寄ったり、離れたり。
と、白鷺もいる。白一点が澄んだ水に似合う。
写真をまごまごしているうちに、す~っと低空飛行で上流へ…、あとは、川が曲って見えない…。
もし時々現れる同じ白鷺なら、1㍍以上飛ぶところに、初めて出くわした。

3102 3103 翌9月3日
前日ほど、水は澄んでいない。
鴨は~、4羽いました。
いました、白鷺も。
餌を探してるしぐさのようだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤブラン

先日、いつもは途中で曲がってしまう、そののどかな学校通り(4校)を久しぶりに通った。
昔からの変わらぬ細い幹線道路で、歩道も細い。

3078 2979 その狭い両側歩道のイチョウ並木、ツツジ植栽に、ヤブラン列が加わっていた。
彩りの目立つツツジが終わって、ヤブランの細い紫、やがてイチョウが色づいていく。

この通りは個人宅がなく、植栽プランに余分なものが入らないのも、見た目がシンプルで、希少価値。

3097 9月2日
江戸川公園遊歩道には、集めたようにたっぷり。

今ごろの公園にヤブランは多い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月になった 2

3077 ビル入り口花壇が、夏の花からコスモスになっていた。

3087 9月1日31度
携帯電話中の女性の後ろにが来て、すっと止まる。
彼女が払ったら、ゆっくり飛んだ。

いつも蝉しぐればかりで姿を見ない。たまに見るのは虫籠や、子どもの手の中。
最近、公園で蝉の死骸を何匹か見た。

  真夏日に暦通りの初秋見る

9月2日24度 新江戸川公園
3092池渕のハゼノキは、1枝だけ紅葉。
3091ハギは咲き始めの純白。
3090 増えてきたツルボ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月になった

9月1日、前日の台風が朝には回復。
涼し過ぎた夜明けから一気の真夏日予報は、日差しも強い。3084

  台風一過待ってたように紅(あか)開く

  防災の日新型インフルの猛威思う

最近はスーパーの入口に消毒液が置いてある。
きょうシルバーパス(都営交通)更新の入室で、掌にずぶっとかけてくれた。
自然にすぐ乾く。
簡単な掌消毒は、しきりに報道もされている。
感染予防になってくれればありがたい。
これからは消毒液見たら、積極的に使わせてもらいましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花びらが足りない

初夏からまだ咲きつづいているキンシバイ(金糸梅)、形が梅に似て、黄色が鮮やかに目立つ。
公園の生垣や庭園に多い。
新江戸川公園でも、きれいに丸く剪定されて、何本もある。

307630758月27日
盛りを過ぎた今、花数が少ない。
それで目立ち、発見できた。
普通の花びらは5弁、それは4弁

重なっているか、小さい花弁があるのか、触ってみたが、堂々とした4弁だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »