« 杖2本歩行 | トップページ | 浅池に金魚がやってきた »

エジプト展(上野)

トリノ・エジプト展(都美術館8月1日~10月4日)、第3水曜がシルバーデー(入場フリー)なので、しっかりカレンダーにを入れておいた。

上野公園内施設訪問は、不忍池を通るようにしている。
今夏最後の蓮見になると思った。

まだまだ十分の花数と蕾、8月いっぱいOK。2970 2972 2973 

2975入口の待ちは、ゼロ。
中は結構な混みよう。
見忘れた方へ戻ったりもできる。人気展なら普通程度でしょう。

トリノ・エジプト博物館のコレクション130点の日本初公開になる。
どれもこれも紀元前1500年近く~前100?年とあり、発掘文化が、今に十分通じる美術に、不思議な親しみがあって面白い。

生活用品や美術品にあらず、全て死者の弔い品になるが、触ってみたい、しゃれた趣味人宅の棚に合いそうな、小さな埋葬品がかなりある。

大きな木棺、石棺、石碑にぎっしり並んだ象形文字は、モダンな模様に見える。
そして何人かの人物が並んで彫ってある面上は、歴史図ではなく、美術品の様。

男性のたっぷり垂らした髪の毛は共通のデザインのようだが、全てとは知らなかった。
そうそう、バロック時代の音楽家は金髪の鬘だった。

昔の写真アルバムの表紙は、エジプト人の日常?図が盛んに使われた。
ず~と昔から、日本人は古代エジプトを装飾に採用している。
古代展は、馴染文化になっていたようだ。

  緑陰にエジプト展から盛り上がる
              大船からの同世代の人

旅?先での出会いは素晴らしい。ありがとう。

  「ひと」欄に「やり手館長」バシリカさん
              トリノ・エジプトご本家の奮闘

偶然にも翌朝刊(20日)「ひと」欄に、トリノ・エジプト博物館を倍増させた「やり手館長」が載った。

|

« 杖2本歩行 | トップページ | 浅池に金魚がやってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蓮の花まだ咲いているのですか?
こちらにも、見かけられるスポットがありますが、殆どが色褪せてしまってます。
蓮の花も萎れていたりでね・・・

エジプト展、古代の発掘された遺品など看たいと思っています。
時間の経過など忘れそうですね(o^-^o)

投稿: peco | 2009年8月21日 (金) 05時19分

pecoさん、おはようございます。
ほんとに岐阜と東東京対戦なんですね。
懸命のあと、負けティームの姿が何とも言えない、一発勝負の高校野球の爽やかな感傷でしょう。

きょうは全国的荒れ模様とか、東京はかろうじての例外で洗たくOKでした。

投稿: 高尾山 | 2009年8月21日 (金) 08時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エジプト展(上野):

« 杖2本歩行 | トップページ | 浅池に金魚がやってきた »