« 真夏日の銀座 | トップページ | ムクゲ »

タマスダレ

2924タマスダレ、白く美しい花を「玉」に、葉が集まってるようすを「簾」にたとえた、とある。

タマスダレチョウ、保護色っぽく、爽やか。

よく見かける花の名が、調べにくいことが間々ある。
花や葉から「科」を想像できないときと、野草の仲間ではないときだ。
今回は、花の形から『花おりおり』で見つけたが、ゼフィランサス(別名)で載っていた。
ヒガンバナ科」とは意外。
「ラン科」で探し、他の「科」は見当がつかなかった。

ブログに間違ったまま投稿し、友人に指摘されたりもする。
今夏、今も咲いている「ヤブミョウガ」をショウガ科と素直に?投稿してしまった。
 7月2日投稿「ナンキョウですか?」
間もなくツユクサ科と知ったが、訂正しにくい文だなと、そのまま…。
最近、夕方のTV花写真にヤブミョウガが登場。
ツユクサ科の表示を、まぶしく、うつむいて… でした。

|

« 真夏日の銀座 | トップページ | ムクゲ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タマスダレ:

« 真夏日の銀座 | トップページ | ムクゲ »