« 3色の葉(ナンテン) | トップページ | 梅雨は花どき »

鰯(いわし)

7月3日朝5:20頃のラジオ「ふるさと元気情報」で。

千葉県銚子市の人との電話通信。(要約)
の子供たちの交流の話です。
44年間も続いている。
群馬県片品村の4つの小学校6年生と銚子の明神小6年生が、1対12泊3日を。
海は7月下旬  、山は1月下旬  。
自主性を養う。
食事にはイワシを出そうと決めている。
雪解けの3月、利根川で運ばれる山の落ち葉等植物性たんぱくを含んだ海水、みなさんの住む方の山があってのイワシですから……。」

昔、西伊豆で宿泊(区の夏期契約)し、ドライブしてた頃、沼津の魚料理店でのこと。
品書きに「イワシの天ぷら」と。
もともと大好きなイワシ、料理を期待して待つ。
大皿に、イワシの天ぷら一種がたっぷり現れた。
それは旨いものだった。

それからというもの、イワシの売り出し(生イワシはたたき向き鮮度)が、たま~にあると、天ぷらになる。
香ばしい苦味のあるイワシ、昔は東京の味噌汁ダシは煮干しだった……。

片品村…25年以上も前、尾瀬ハイクのマイカー登山口鳩待峠が駐車OKの頃、前泊(民宿)に寄った。
片品村は信州並みの上質粉雪と聞いていた。
銚子市の子供の、スキーに挑戦する嬉しそうな顔  が浮かんでくる。

|

« 3色の葉(ナンテン) | トップページ | 梅雨は花どき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鰯(いわし):

« 3色の葉(ナンテン) | トップページ | 梅雨は花どき »