« 色色 | トップページ | 梅雨入り »

天才ピアニスト

この3日間、TV、ラジオ、新聞でピアノコンクール優勝報道が明るく賑わっている。
辻井伸行さん(20)、アメリカのバン・クライバーン国際ピアノコンクールで、日本人初。

深~い演奏紹介音としっかりした会見(10日)に、全盲のハンディが気が付かないほど。
私はいつもピアノという楽器はたいへんだなあ、ひとつでオーケストラのような和音、複雑な楽譜(子供のころ弦楽器をいじったが、単音が多い)をこなす指先に尊敬していた。

膨大な量の点字楽譜は使わず、テープに楽譜の詳細を吹き込んでもらって練習していると、音大の指導先生が説明されたが、私はますます天才と思うばかり。

  聴く指はオタマを追わぬピアニスト
      優勝会見二十
(はたち)のユーモア

CDでなく、東京で生演奏ぜひ聴きたいです。

9日夕刊に、「オタマジャクシが降ってきた」と大きな写真入りで。
石川県内で続々 原因不明、空からオタマが降ってくる「珍事」が4日午後4:30ころから始まったらしい。

辻井さんとオタマジャクシ♪♪♪のニュースが重なった不思議な日だった。

|

« 色色 | トップページ | 梅雨入り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天才ピアニスト:

« 色色 | トップページ | 梅雨入り »