« 先生が卒業 | トップページ | 鳩の羽色(不忍池) »

自転車のタイヤ

自転車屋の近く、ほんの50㍍のところで、タイヤが急激にガクンときた、あ~パンク。

運がいいんだか、悪いんだか、ま、あっという間に自転車屋までひいていけた。
急激だったので、パンクと思います、と言うと、、指でぐいっと押して、タイヤの無残な亀裂を出し、「タイヤ取り換えですね、¥3200ですから(安いものです、の意)」と。

私の自転車は、昔のものに比べ格段に安い(もはや低価格品は日本製ではない)。
タイヤ(チューブも)が低価格品なのは、これだけはほとほと困る。
10ヶ月前、同じ店でチューブ交換している。

自転車 の使い方は、低価格品の乗り様を守って?いる。
日常品の買い物に限って使う。
足より手のための自転車と思っている。
つまり、遠くても片道1㌔ほど。

購入後、3年は乗りたい。
低価格品でも、新品(1ヶ月内)をスーパー前で盗まれた、懲りて鍵は丁寧に忘れずかけている。
今のは、来年、3年かな。
月日と自転車の摩耗の速いこと……。

|

« 先生が卒業 | トップページ | 鳩の羽色(不忍池) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のタイヤ:

« 先生が卒業 | トップページ | 鳩の羽色(不忍池) »