« 雨上がりのアヤメ科 | トップページ | 浅池に鴨 »

都電荒川線のバラ

今、バラがどっと咲きだしている。
幹線通りの店やマンション前も、排ガスにめげず、いい色で目立つ。
今年は花便りが早めで、見る方もせかされているよう。

花色の勢いがあるうちにと、10日朝のうち、都電荒川線のバラを見に行く。
大塚駅前~三ノ輪橋(37分)
前日乗った早稲田~大塚駅前(13分)を合わせると全線になる。
 前日は、車内レイアウトの一変に新車両と勘違い。
  きょう(3台)のは従来型内装だった。

沿線バラは、そもそもが荒川区沿線目的で愛好家中心に始まったが、、前日の線も含め、豊島区沿線にもバラが眺められた。
横断通行線路以外は、年々他区域にも増えていっているように感じた。
線路の両側に咲くバラが、乗客の目を楽しませてくれる荒川線のメインだと思う。
走る車内から写真は撮れそうもなく、三ノ輪橋停になったが。

2219 終点三ノ輪橋には入口に大きなアーチ(花が少なく写真に出ない)。2222 2223
2227 大塚駅前バス停の飾りアーチ。

|

« 雨上がりのアヤメ科 | トップページ | 浅池に鴨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高尾山さん、おはようございます。
都電に乗って散策に・・・私が東京に居た頃は、あちらこちらで都電が走っていました。
もういまでは一路線だけですよね。排ガスも出なく環境に優しい乗り物ですから、もっと存在してても良いのに・・・

投稿: peco | 2009年5月12日 (火) 08時09分

pecoさん、おはようございます。
戦後復興の地下鉄丸ノ内線が登場するまでは、どこへ行くにも都電、その小さな範囲の外出でした。
昔は乗ることのなかった今の荒川線、昨日の東京版に「ウマイ都電」で記事。『都電 ごちそう停留場』無料冊子を創刊。交通局で年4回発行。年々利用客が減っている対策……、若い人へのアピールにと…、詳しいものは避け、探す楽しみを。

投稿: 高尾山 | 2009年5月12日 (火) 09時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電荒川線のバラ:

« 雨上がりのアヤメ科 | トップページ | 浅池に鴨 »