« 見せる | トップページ | 散る桜 »

春の2こま

1960 6日、千鳥ヶ淵緑道でのこと。
変わった音色で、馴染みのメロディーが流れてきた。
中国の琴で、若者が「北国の春」を弾いている。
残念なのはマイクを通していること。ほんものの微妙な音色はわからないが、この花見混雑環境ではマイクが必要かもしれない。

歌詞を知らないので検索すると、PCからそのメロディーが流れた、もうびっくり。便利だなと、遅まきながらの感心。

1972 同日、牛久の友人から春の贈り物、ご主人が持参して寄っていただけた。
を自分で掘って、茹でてある。みどり溢れる庭のセリも入っていた。
嬉しい、じ~んときた。

|

« 見せる | トップページ | 散る桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の2こま:

« 見せる | トップページ | 散る桜 »