« 神田川水量情報 | トップページ | 「タワーリング・インフェルノ」 »

散歩道の大イチョウ

イチョウの黄葉時期は、地域が近くても2週間も差があって、やっと色づくころには、早い方は散ってしまう。
1295
11月19日、お茶大のイチョウは、早めの方。
歩道に接しており、ギンナン頃はペチャっとなって、ぷんぷん匂う。
私は、このどうしようもない和風?匂いが好き。
この界隈で有名な大イチョウ、何百年ものか検索したが、載ってない、正門のイチョウ並木のみだった。

1368 12月2日、早稲田の水神社支社。
中央階段を挟んだ本のイチョウは、無人の小さな丘陵境内を圧する存在。
1367閑静な丘陵はギンナン拾いに人気がある。
「1857年(安政4年)建立鳥居は平成16年12月の大風(40.2M)で笠木部分が折れた……平成17年復元」と立札。1366

12月2日、江戸川公園 イチョウ。 

鳥瞰風景は新江戸川公園、水神社、芭蕉庵、椿山荘、江戸川公園と直線でつながっている。
神田川を向い合せての遊歩道は、ウォーキング団体のコースに選ばれ、土日の昼は賑わっている。

|

« 神田川水量情報 | トップページ | 「タワーリング・インフェルノ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散歩道の大イチョウ:

« 神田川水量情報 | トップページ | 「タワーリング・インフェルノ」 »