« 朝焼け | トップページ | 住宅街の電飾 »

ハジロが神田川にいた

1351今秋の神田川は、鴨のいない日の方が多かった。
このところ水量たっぷりで、駒塚橋下のごろ石は冠水している。
9日、なんとなく川を眺めながら歩いていると、3羽いた。 おや~ハジロです、3羽とも。

神田川遊歩道沿いの新江戸川公園Uターン散歩は、14年以上になる。
4年前まで池に来る鴨は、初秋から初夏まで、多い時は40羽を数え、全部オナガだった。
川の方は地味な色のオナガにマガモが混ざっていたり、その少数マガモは常連だと思うが。
よそのお堀、池、川はハジロが大多数なのが不思議だった。

初めて?神田川に来たハジロ、当日は増水で休憩石も見当たらず、がっかりしてもう来ないかもしれない。
翌日(10日)も増水だったが、オナガが4羽泳いでいた。

11日早朝のラジオニュースで、日本時間0:30ストックホルムのノーベル賞授賞式での、異例の日本語の受賞理由説明録音が流れた。
7時過ぎのニュース、現地記者の電話、「30分前に晩餐会が終わりました……」。

|

« 朝焼け | トップページ | 住宅街の電飾 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハジロが神田川にいた:

« 朝焼け | トップページ | 住宅街の電飾 »