« 片足立ち | トップページ | 萩の枝 »

コムラサキシキブ

1147早稲田箱根山通り10月13日
1160小石川10月22日

ず~っとムラサキシキブと呼んでいた。
10日ほど前から、紫の実が目立ってきて、名前もムラサキシキブと思っているし、垂れ下がる紫が見えると立ち止まる。

が、「花おりおり」05、11、15のムラサキシキブに一致した。
「……ムラサキシキブとは別種で、実はすべて葉の上側につき、葉に隠れない。葉鋸歯は上半部のみ。」
検索でも、園芸品種はムラサキシキブが多いとある。

1171小石川10月23日
私が今秋見たのは、すべてコムラサキシキブ。
散歩で改めての確認。そしてアップ写真も撮った。

沖縄本島北端の金剛石林山コース下山後の麓で、「これはオオムラサキシキブです。樹形も大きく、実の形、サイズが違います。」(07、1、31、ガイドの説明)

|

« 片足立ち | トップページ | 萩の枝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コムラサキシキブ:

« 片足立ち | トップページ | 萩の枝 »