« 2階建てバスin浅草 | トップページ | チョウセンアサガオ »

浅草

前日のつづき。
1195 2階建てバス乗車場の「すしや通り入り口」が目的地だが、立て看板のイラスト地図もやっと見つかる少なさ。
知らないお店を眺めながらの余分歩きも悪くない。
ブラシ専門店にブタワニが、たわし材(ヤシの繊維)の可愛い形で店頭に置いてある。
ブタに¥3600の札、たわし30個分は使ってあると思った。
公会堂では歌舞伎、名前はわからないが寄席前も賑わい、寂しい浅草が様変わり、平日なのにグループ、外人さん、修学旅行生等々、人で溢れ返っていた。

1212 2階建てバス下車後は慣れた?通りで、間もなく雷門の大提灯が見えた。まだ2時(1:30乗車)なのがゆとり感。
人形焼きの売り込みが高々。夫も好きだし、私の歯でもOK。
袋があったかい。隠れるように1つかじる。なんと熱々。

27日朝刊に、大わらじ奉納の記事と写真。
26日、大わらじが10年ぶりに新しくなった。重さは左右2つで計約1トン。伝法院から雷門をくぐって浅草寺宝蔵院まで練り歩いた。山形県村山市楯岡荒町町内会の若者50人が担ぎ、何度か休憩を入れながら1時間かけて到着。宝蔵門の両側につるされた。……」

「大勢の見物客に囲まれた、雷門前大わらじ新聞写真」を思いながら奥へ進む。
仲見世通りは正月並みの人出でよちよち歩き。
昔の門前町繁華街復活のようで、明るい気分になる。
簡単ながら菊展のテントも幾つかあった。
1210 1205 1207

|

« 2階建てバスin浅草 | トップページ | チョウセンアサガオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草:

« 2階建てバスin浅草 | トップページ | チョウセンアサガオ »