« 不忍池通り抜け | トップページ | 高田馬場流鏑馬(やぶさめ) »

上野公園の市

前日の続き。
雨上がりの木々が明るい上野公園。
中央の広幅道路が、今の都心の公園では貴重で、明治の世の丘陵公園用地確保(外国人の勧告)の賜物。

1121 中ほどの目立つ所に黄色いアーチ。「佐賀の物産と全国大陶器市」とある。
このアーチは風船で、トートバッグ風な砂袋で押さえてあった。
文化会館開場(1時)に15分もあるので、中へ。
物があふれている高齢者は、陶器はちょっと引いてしまう。手前の物産の方にする。

乾燥味付けシジミ¥1050、同えび¥630を、両方で¥1500にしますと言われ、シジミだけのつもりがそうなった。つられるようにその場の3人も。
シジミは、炊き込みご飯を試したかった。うまくいけば、安直でありがたい。

公園から文化会館?へ行く人並みが、何人もレジ袋を下げている、確かに一等地でした。

|

« 不忍池通り抜け | トップページ | 高田馬場流鏑馬(やぶさめ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野公園の市:

« 不忍池通り抜け | トップページ | 高田馬場流鏑馬(やぶさめ) »