« イチョウの黄葉 | トップページ | 廃車両 »

「ココシリ」

20日のBS映画「ココシリ」、チベット高原のココシリで、絶滅の危機にひんしたチベットカモシカを密漁者から守ろうとする民間パトロール隊の命がけの活動実話。(新聞番組解説より)

映画が終わり、「1990年代の出来事、100万頭が1万頭まで減った、現在は回復しつつあり、民間隊はなくなり、公が取り組み、密猟は禁止」と画面に出た。

まだ10年前の実話には、見終わってからぐさっとくる。
そして、行動を共にした北京の記者の目の前で撃たれる隊長、ゴロンと捨てるような殺害に、つい先だっての8月下旬、アフガニスタンでの農業指導の日本人青年が重なった。

歴史の惨状は時の長さで感じ方が変わるが、自分の生涯の置かれた時代で違うと思う。
私たちの世代は、戦後の60余年が短く、その倍余りの幕末明治維新の惨状は遠く、歴史でとらえる。
戦後生まれの人には、体験者が大勢いる現在でも、もう太平洋戦争は歴史になってしまった。

 

|

« イチョウの黄葉 | トップページ | 廃車両 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ココシリ」:

« イチョウの黄葉 | トップページ | 廃車両 »