« 黒部西瓜 | トップページ | ほんもの »

決まった時期に決まった野草が芽を出し、ほとんど摘んでは捨てている。
特別に種まきした覚えがないのに、6月末頃、嬉しい芽が2種出た。
トウガラシ2つ、バニーテール2つで、本来より遅い発芽だ。

トウガラシは去年のGWに満開の苗を買い、夏には赤い実を順次収穫した。
その2つの発芽の種がどうして湧いたか、わからない。
まだ葉だけだが、大きくなっている。

バニーテールは4年前3月の彼岸に友人から若い苗をいっぱい貰い、初夏には元気のいい穂になった。
翌年は春に半分以下に減った芽が出て、短い穂ができた。
次々年はほんの少々。
3年目の去年はゼロ。
4年目の今年3ヶ月遅く発芽。これは「ようこそ」と喜んだ。

827 そして、けさ8月1日穂が出た。
この1週間毎日点検。昨夜なかった穂が、12時間後に大きく顔を出してくれた。

  意外な芽野草返りの力見た

|

« 黒部西瓜 | トップページ | ほんもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リュウゼツランを7月12日につくば植物園に見に行きましたが枯れた花が垂れさがっていて残念。この写真が本来の咲き姿
なのですね、一緒に行った友人に見せたい気分。

バニーテール、都会でたくましく生きていてくれた。
当方でも去年までは顔をみせてくれたが今年は出ません。

大塚での豪雨の被害ニュース、びっくりです。
明日も不安定な天気とか。

投稿: 川乗山73 | 2008年8月 5日 (火) 22時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 黒部西瓜 | トップページ | ほんもの »