« 雛 | トップページ | 桃の日 »

湯島天神の梅

3月2日、晴れ。
内祝い事で、2週間ぶりで盛りの梅見になり、嬉しく出かけた。

002 3月になると入学試験も終わり、高校生の姿はないものの、相変わらず参拝の列はできている。

学問の神様ということで、いつも絵馬は溢れるようにかかっており、子供の減少とまるで関係ない盛況。
003
きょうは風もおさまり、梅林は、カメラも思うように使えないほど、くっつくように人。
若い人の和服が多い?のは、観梅に合わせてなのだろう。
『婦系図』の小説舞台化で有名な白梅。
小説効果と学問効果で、初詣より賑わい期間が長い。

|

« 雛 | トップページ | 桃の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

始めましてSdiary3620です、只今ころっけさんの記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、頑張って下さい。

投稿: Sdiary3620 | 2008年3月 3日 (月) 09時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯島天神の梅:

« 雛 | トップページ | 桃の日 »